「パパは既婚者、会えないからせめて連絡を取りたいけど迷惑?」
「家族にバレるのが怖くてあまりメールが送れない…このままじゃパパに忘れられちゃうんじゃないかな?」

既婚者パパへの連絡は気を使いますよね。

家族バレする心配がありますし、パパが機嫌を損ねてしまうこともあるからです。

そこで今回は既婚者パパの機嫌を損ねないようにこまめに連絡を取り5つのポイントを紹介します。

会えない間もしっかりLINEやメールを活用してパパをつなぎ止めましょう。

既婚者パパの機嫌を損ねないようこまめに連絡を取る5つのポイント

既婚者パパへの連絡をする際は以下の5つのポイントに気をつけましょう。

おもうままにメールやLINEを送ると、奥様にバレるリスクもありパパが怒ってしまうかも。

送るタイミングや連絡方法を工夫することで、お互いにストレスなくやりとりができるでしょう。

表示名を無難なものに変更しておく

まずパパのアドレス帳の登録名やLINEの表示名を無難なものに変更しておきましょう。

万が一奥様や家族にスマホを見られたときに怪しまれないようにするためです。

例えば”株式会社デートウォーカー・田中さん”など、取引先に見えるようにしておくのが無難。

LINEも表示名を変えられるので、男性の名前にするなど工夫をしておきましょう。

こうすることでバレるリスクもなくなり、メールを送信しやすくなります。

ハートマークなどを多用しない

メールやLINEを送るときにハートマークなどを多用しないようにしましょう。

スマホのロック画面でもメールやLINEの一部は表示されるからです。

登録名を取引先風にしているのに、ハートマークがついていたら明らかに怪しいですよね。

万が一家族が通知を見ても変に思わないよう、メールの一文目には絵文字を入れないようにしてください。

連絡する時間に気を遣う

パパに連絡をする時間帯にも気を遣いましょう。

出社時間を把握しておき、家にいない時間に送るのが安全です。

パパがテレワークになっている場合は、仕事部屋で一人になる時間帯を聞いておきましょう。

家族と一緒にいることが多い夕飯時にメールを送るのはマナー違反。

また夜中にメールを送信するのもやめましょう。

奥様がまだ起きていて、携帯画面を見られないとも限りません。

このように避けるべき時間帯と送っても大丈夫な時間帯を見極めておいてくださいね。

返信が来なくても悩まない

パパから返信が来なくても悩まないようにしましょう。

特に今時期はパパも家にいることが多く、家族の目もあり返信のタイミングが難しいのかも。

スマホを頻繁に見ると怪しまれるので、家ではあまり触らないというパパも多いんです。

返信が遅いからと言って何度も送信したり、電話をかけるのは絶対にやめてください。

パパも家族との時間を過ごしているんだろうと割り切り、大人しく待ちましょう。

電話をする時は事前に確認する

パパと電話をしたい場合は事前に時間を決めておきましょう。

急に電話をかけると家族に着信に気づかれる恐れがあり、パパの機嫌を損ねてしまいます。

パパに電話する時は事前に「電話したいんだけど良いタイミングある?」ときき、パパから電話してもらうようにしてください。

自分から唐突に電話するのはやめてくださいね。

まとめ

今回は既婚者パパの機嫌を損ねずに連絡を取る方法を紹介しました。

既婚者パパは家族の目もあり、連絡しづらいもの。

しかしこの記事で紹介したようにタイミングを計算したり、表示名を変更することでパパ活バレのリスクを減らせます。

パパの家族に迷惑をかけないように弁えて連絡をすれば、パパも怒らないはずです。

しっかり気遣いをしつつも連絡を取り、デートできない間もパパの心をつなぎ止めましょう。