「パパから相場を下げて欲しいと頼まれた…保留にしたけどなんて返事をすべき?」
「お手当を下げてまでパパに会いたくない…どうやったらうまくフェードアウトできる?」

この時期は経済的に打撃を受けたパパも多く、パパ活相場を下げてと頼まれた方も多いはず。

しかしここでお手当を下げてしまうと、経済状況が上向いても再度アップしてもらうことが難しいかもしれません。

パパに「お手当を下げて欲しい」と言われた時になんと返すべきか、その言葉を5つ紹介します。

無闇にパパ活相場を下げるのは他のパパ活女子にとってもよくありません!

是非この記事を参考にして、パパ活相場の下落を防ぎましょう。

お手当相場は下げちゃダメ!生活が苦しいパパに返すべき言葉5つ

パパに「生活が苦しくて相場を下げて欲しい」と言われた時になんと返せば良いか迷いますよね。

そんな時に上手に回避、またはパパと距離を置く言葉を5つ紹介します。

あまりにも相場を下げらてしまうとパパと会う意味が分かりません。

自分を安売りすることはないので、しっかり対処しましょう。

「私も生活が苦しくて…」

パパに相場を下げて欲しいと言われたら「私も生活が苦しくて」と返しましょう。

暗に「だから無理です」を伝える断り文句ですね。

元々パパはあなたが経済的に困っていることを知っているはずなので、この言葉に罪悪感を抱くでしょう。

生活が苦しいと言われたらそれ以上強く言いづらくなるので、うまく手当の変更を回避できますよ。

「今まで本当にお世話になったから負担になりたくないけど…会うの控える?」

パパに相場を下げて欲しいと言われたら「今まで本当にお世話になったから負担になりたくないけど…会うの控える?」と返しましょう。

特にパパがあなたにガチ恋の場合は効果的。

パパにとって一番怖いのはあなたに会えなくなることだからです。

会う頻度が下がったり、関係が切られるのが恐ければ「じゃあ大丈夫」と言ってくれるはず。

ただし「じゃぁそうしよう」と言われることもあるので、パパの性格やあなたへの気持ちによってこの言葉を使うようにしてくださいね。

「頑張ってたつもりだけどパパがそう判断したなら仕方ないね」

パパに相場を下げて欲しいと言われたら「頑張ってたつもりだけどパパがそう判断したなら仕方ないね」と伝えましょう。

もらえるお手当はあなたがパパを楽しませる時間に対しての報酬です。

お手当を下げるってことは、私が楽しませてないってことだよね?とパパに問いかけるようにしましょう。

パパとしては生活が苦しいだけなので、あなたに原因があるとは言えずお手当を下げづらくなるはずです。

「デートの内容を変えてもいい?」

パパに相場を下げて欲しいと言われたら「デートの内容を変えてもいい?」と答えましょう。

特に大人の関係の相場を下げようとされたらこう答えるのが正解。

つまり「エッチはしないよ」と伝えるのです。

自分を安売りする必要はありません。

これで渋るようならそのパパは切ってしまいましょう。

「じゃぁ私パパの迷惑にならないようにバイトするよ!」

パパに相場を下げて欲しいと言われたら「じゃぁ私パパの迷惑にならないようにバイトするよ!」と答えましょう。

バイトをする=会える時間がなくなるということなので、あなたが好きなら止めてくれるはず。

「じゃぁそうして」と言われたら、バイトが忙しくて会えないとフェードアウトしてしまえば良いのです。

相場を下げないためにも、会える時間がなくなるということをパパに伝えましょう。

まとめ

今回はパパ活の相場を下げて欲しいと言われた時に返す台詞を5つ紹介しました。

パパ活のお手当を下げようとしてくる男性はこの先も太パパに成長する可能性は低いです。

相手にするだけ時間の無駄なので、この時期で紹介したセリフを伝えて思い直してくれないなら切りましょう。

特に大人の関係を持っている人は、安く自分を売る必要はないので勇気を持ってお付き合いをやめることも考えて。

自分の価値を認めてくれるパパと楽しくパパ活しましょう!