「パパ活相場が下がってるって言われるけど…本当に安くなったの?」
「特に今の時期提示されるお手当の金額がすっごく安い…どうしたらいいんだろう」

確かに近年パパ活市場の相場は下がっています。

外出抑制の影響で経済活動が縮小し、パパのお財布の紐が硬くなっていることも原因です。

しかし実は影響が全くないという女性もたくさんいます。

今回はパパ活歴5年のベテランYさんにインタビューを行い、実際のパパ活相場の動きについて伺いました。

お手当を下げずにパパ活をするコツも聞いてきましたので、是非参考にしてみましょう!

パパ活歴5年のYさんにインタビュー!パパ活相場って下がっているの?

それでは早速Yさんにパパ活相場について語っていただきます!

Yさんは上場企業の営業さんでバリバリのキャリアウーマン。

パパ活は人脈づくりのために始めたそうです。

それではここからはYさんの言葉で、パパ活相場についてお話ししてもらいますね。

パパ活市場全体を見ると下がっているのは確か

パパ活の相場は確かに下がっていると聞きます。

と言っても、周りの子からですが。

原因はパパ活人口がとにかく増えたこと、あまり裕福じゃない男性も興味本位で参入してきていることでしょう。

SNSで女子高生たちが安くパパ活しちゃうのも原因ですね。

高校生にとって5,000円でも1万円でも大金ですから…。

若い子が1万円でホテルに行ってくれるってなったら、それは男性は飛び付きますよね。

Yさん自体のお手当は下がっていない

私のお手当は下がっていません。

食事で2万円をキープ、大人の関係は5万円以上いただけないと了承しないことにしています。

お金持ちで心に余裕がある方は、あまりお手当てをケチりません。

パパ活相場が安いと感じている方は、きちんと理想のお手当を払ってくれる男性に出会えていないだけかも。

しっかり探すべきだと思います。

自分の価値を信じて売り込んでいくことが必要

お手当が下がっていない理由として私が思うのは、自分の価値を信じているってことです。

すごい美女だということではなく、人間性や会話の勉強をしてパパを楽しませている自信があります。

「私との食事は2万の価値があるでしょ?」とパパにプレゼンできるようにならなければダメ。

逆に「1万もらえれば十分です」なんて自信の無い態度は、相手に対しても失礼だと思います。

「私は価値があるんだ!」と根拠のない自信を持つことで、お手当を下げずにパパ活を続けられていると思ってるんです。

そのために経済の勉強をしたり、銀座のホステスさんの本を読んで男性心理やもてなし方の勉強も欠かしません。

安い金額を提示してくるパパに価値はない

パパ活の目的って夢への支援や生活のためだと思うんです。

安い金額だとさほど助けにならないじゃないですか。

つまり1万円でホテルに行こうなんて男性は論外、夢や生活を応援してくれないからです。

自分の生活や人生を向上させるためのパパ活なので、私に投資をしてくれない男性はバンバン切っています。

男性の好みも人それぞれ、絶対に自分に価値を感じてくれる人はいると思いますよ。

自分磨きを頑張り、たくさんのパパと会うよう努力していればお手当を下げずにパパ活していけるはずです。

まとめ

今回はパパ活歴5年のYさんにお手当相場について伺いました。

この時期でも手当てを下げずにキープしているのはすごいですよね。

自分でも努力をし、自分の価値を信じているという言葉が印象に残りました。

パパ活女子はどうしても「お金をもらっている立場」と自分を卑下しがちですが、パパを楽しませて対価をもらっているので対等な立場なはず。

Yさんのように自分に自信と価値を見出せるよう、今できる自分磨きを頑張りましょう!

おうちでできる自分磨きの記事もありますので、是非参考にしてみてくださいね。

自分磨きしてますか?他のパパ活女子と差をつける為に抑えておきたい教養や生活習慣