「最近話題の特別給付金…私でももらえるの?」
「パパ活の収入が激減しているんだけど、他にもらえる助成金はないのかな?」

収入が減少して生活に不安を抱えている方、給付金のことは本当に気になりますよね。

今回はパパ活女子が特別給付金をもらえるのか、また他にもらえる可能性がある助成金があるかを紹介します。

パパ活だけで生活していて著しく収入が減ったという方は是非参考にしてみてくださいね。

パパ活女子も特別給付金をもらうことは可能!

パパ活女子も特別給付金をもらうことは可能です。

特別定額給付金は全国民が対象であり、もちろんパパ活女子が申請することに問題はありません。

申請方法などは自治体によって違いますが、給付金はもらえるということをまず理解しましょう。

一律10万円が給付される

パパ活女子が受け取れる特別定額給付金の金額は10万円です。

国民1人につき10万円が受け取れるようになっています。

世帯でまとめて申請も可能ですが、個人で受け取りたいのであれば同居のご家族にその旨を伝えて自分で申請をしましょう。

パパ活のお手当が減っている時に10万円が受け取れるのは本当にありがたいですよね。

各市町村によって申請・給付時期は違う

特別定額給付金の申請開始、給付時期は自治体によって違います。

比較的人口の少ない市町村はすでに申請、給付が始まっているところもあるでしょう。

東京や大阪などの大都市は人数が多いため申請、給付に時間がかかっているようです。

申請方法は郵送・オンラインの2つがあります。

郵送は自治体からの申請書類の送付を待ち、届き次第申請書に必要事項を記入して返送する方法。

書類自体がまだ完成していない自治体も多いため、給付もその分遅くなる可能性があります。

オンラインの申請は書類を待つ必要がないのですが、マイナンバーカードが必要。

次の項目で詳しく解説していきます。

マイナンバーカードを使用したオンライン申請も可能

マイナンバーカードをもっている方は、オンライン申請も可能です。

マイナポータルというアプリをDLし、マイナンバーカードに埋め込まれているICチップを使って申請できます。

IC読み取りが可能なスマホとマイナンバーカードが揃っていることが条件。

アプリに必要事項を入力、銀行口座を登録するだけで良いので手間は少ないです。

ただしマイナンバーカードを発行した際に自分で決めた4種類のパスワードが必要。

パスワードを忘れたり、何度か間違って入力するとロックがかかるので注意してください。

また自治体によってはまだオンライン申請の受付を開始していない場合があります。

総務省のHPで対象自治体が確認できるので、チェックしてから行いましょう。

申請受け付けが郵送よりも早い分、給付もやや早くなるのではないかと期待されています。

確定申告をしっかりしている場合は助成金がもらえる可能性あり

パパ活の収入を売り上げとして計上して確定申告をしている場合は助成金がもらえる可能性があります。

前年度と比較して50%の収入減が確認できた場合に申請できるようです。

しかし確定申告の際に「雑所得」などで計上している場合は、対象外になる可能性があります。

詳細は経済産業省のHPで確認できますので、確定申告をしているパパ活女子の方は対象になるかどうかチェックしてみましょう。

まとめ

今回はパパ活女子も特別定額給付金を受け取れるかどうかについてお伝えしました。

郵送・オンラインで申請をすれば10万円受け取れるので安心してくださいね。

また確定申告をしているのであれば、収入の減少幅によっては助成金が受けられることも。

ただし確定申告の売り上げ計上の項目によっては対象外になるので、経産省のHPをチェックしてみてください!