「パパ活のお手当…きちんともらえるか不安」
「先払いをして欲しいけど、お金のことって言いづらい」

パパ活デートのお手当は基本的に先払いでもらうのが正解です。

食い逃げややり逃げパパに遭遇するリスクを避けることができます。

しかしお金を先に欲しいと言う条件は言い出しづらいと言う人もいますよね。

今回はパパ活で先払いをして欲しい時の上手な言い方を紹介します。

条件交渉の時に先払いがどうしても言えないと言う人は参考にしてみてくださいね。

パパ活で先払いをしてほしい時の上手な言い方

パパ活で先払いをしてほしい時の上手な言い方を紹介します。

基本的に男性に「察してほしい」と期待するのは無駄なので、極力ハッキリと要望を伝えるようにしてください。

説得力をつけるための理由が納得できるものであれば、男性も怒ったりはしません。

気をつけたいのは「あなたに不信感があります」という部分をうまく隠すこと。

疑われると良い気分がしませんからね。

その際に男性の心象を損ねないような言い方を紹介するので、条件交渉に取り入れてみましょう。

先払いで欲しい旨を条件に含めてメッセージで伝えておく

パパ活で先払いしてほしい時の1つ目の上手な言い方は、先払いで欲しい旨を条件に含めてメッセージで伝えておくことです。

直接顔を合わせると言いづらいことでも、文字なら比較的言いやすいはず。

条件を決める時に「基本的に先払いでお願いしているんですが可能でしょうか?」と送り、了承をもらいましょう。

先払いを異常にしぶる人は、食い逃げややり逃げ目的の可能性が高いので注意してください。

まずはメッセージの時点で先払いが条件であることを伝えておきましょう。

過去にトラブルがあったことを伝える

パパ活で先払いしてほしい時の2つ目の上手な言い方は、過去にトラブルがあったことを伝えることです。

食い逃げされたり、お手当をもらえずに逃げられてトラウマになっていると伝えましょう。

男性も正当な理由があれば「それは不安だね」と思って、快く先払いに応じてくれるはずです。

「昔嫌な思いをして不安なので、申し訳ないけど先払いにしてほしい」と言う伝え方をしましょう。

その際に「あなたはそんな人ではないと思うけど」と付け加えると尚良いですね。

過去にトラブルにあってトラウマになっていると言う理由をつけると、男性も気を悪くしませんよ。

去り際にお金のやり取りをすると楽しめないと伝える

パパ活で先払いしてほしい時の3つ目の上手な言い方は、去り際にお金のやり取りをすると楽しめないと伝えることです。

「帰り際にお金をもらうと、なんか寂しくなっちゃうので」と伝えると、相手の男性にかわいいなと思ってもらえます。

男性も「確かに帰りにお金を渡すと、デート気分が覚めちゃうな」と納得してくれるでしょう。

最初にお金の受け渡しをしておけば、デート中も帰り際も恋人気分が楽しめますからね。

パパから好感度を高める答え方なので、ぜひ伝えてみてくださいね。

まとめ

今回はパパに先払いをお願いする時の上手な言い方を紹介しました。

まずはメッセージやメールの時点で前払いをしてほしいことを文章で伝えるようにしましょう。

顔を見て言うより伝えやすいですし、証拠を残すことができるからです。

理由としては過去に食い逃げをされたなどのトラウマがあると伝える、または帰り際にお金をもらうと恋人気分が覚めると伝えると良いでしょう。

男性が納得できる理由を説明できれば、相手の気分を害さずに要望を通すことができます。

前払いにすればお互いに気持ちよくデートを満喫することができるでしょう。

ぜひ今回の記事の内容を参考にして、パパからお手当をもらうタイミングを交渉してみてくださいね!