「自粛中にパパと切れちゃった…皆は順調なのかな?」
「外出ができるようになってから、パパたちの手当の提示額が低いんだけど…」

実は感染症の影響による自粛は、健康面だけでなくパパたちの財政面も直撃しています。

人の移動が滞ることで経済活動が停滞し、パパたちのお給料に打撃があることでパパ活女子にも影響が出ているんです。

今回は自粛中にパパからひどい仕打ちを受けたJDにインタビューをし、どんなことがあったのかを語ってもらいました。

今後彼女のように屈辱的な目に遭わないように、体験談として読んでおきましょう。

自粛中にパパから受けたひどい仕打ちをインタビュー

今回インタビューに応じてくれたのは、女子大生パパ活女子のHさん。

Hさんは月に20万円を大人の関係なしで稼いでいたそうですが、自粛の影響で様々なパパの人間性が見えてしまったそうです。

5人のパパを掛け持ちしていたそうですが、なんと3人のパパと今回関係を切ったと言います。

なぜHさんは3人のパパとの関係を切ったのか、パパに何があったのかを教えてもらいました。

1人目のパパ:急に体を求めてくるようになった

1人目のパパと関係が切れたのは、彼が急変したからです。

今までは食事だけ楽しんで、バイバイと言う本当に健全なデートで1回に2万円のお手当をくれていました。

自粛が始まってから精神的に不安定になっているのは感じていたんですが、仕方ないかなと思っていたんですが…。

ある日のデートでやけにお酒を飲む日があり、店を出た後に強引にホテルに連れ込まれそうになって。

「やめてよ!どうしたの!?」と聞いたら、「こんなご時世だし良い人ぶっていても仕方ない!」と怒鳴られました。

今までの紳士的な態度はポーズで、やれる時にやっておこうと思ったようです。

酔いが覚めてから連絡が来ましたが、そのままLINEをブロックしています。

2人目のパパ:自粛を無視してデートをせがむように…

2人目のパパと切れた理由は、自粛を無視してデートをせがむようになったからです。

やっぱり病気は怖いし、オンラインデートに切り替えようとしていた矢先、やたらこの人からデートに誘われました。

「今は危ないからやめておこう」と伝えたのですが、思い通りにいかないと分かるや逆ギレ。

「誰が普段お金を払ってやってると思ってるんだ!?」「オンラインなんて意味がない!それでお金をもらえると思うな」などと暴言を吐かれてしまったんです。

そのパパとは喧嘩別れのまま連絡を取っていません。

3人目のパパ:お手当を支払わなくなり逆ギレ

3人目のパパと切れたのは、相手がお手当を支払わなくなり、挙句逆ギレしてきたからです。

自粛の影響でデートしづらくなり、オンラインデートをチョコチョコしていました。

しかし約束の振り込みが一向になくて、催促したら「まとめて払う」と言うばかり。

結構長い方だったので後から払ってくれると思ったんですが、結局お手当はもらえていません。

最後に一回直接会ってデートをしたときにそのことを指摘したら、1万円札を投げつけられました。

「やらせもしないで金がもらえて、女は良いよな!」と言われ…。

プライドはありましたが1万円を拾い、そのまま帰宅しました。

後から経営難でお金がなくなりそうで不安で当たってしまったと言われましたが、もう信頼関係は破綻ですよね。

まとめ

今回は女子大生Hさんが3人のパパと自粛をきっかけに関係が壊れてしまった体験談をインタビューしました。

普段は良いパパでも、自粛で精神面が不安定になったり、経済的に打撃を受けることで変わってしまうことがあります。

非常時は仕方ないのかもしれませんが、なるべく嫌な思いはしたくないものですよね。

このように人が変貌してしまうこともある、と言うことを頭に入れておけばいざ自分が同じ状況になってもダメージを最小限にすることができるでしょう。