「友達がパパ活相手とガチの不倫を始めた…なんで…?」
「最近人恋しくって、お金もらえなくても良いからパパに会いたいと感じることがある…」

最近パパ活女子とパパたちが割り切った関係を超えて不倫に発展するパターンが非常に増えていることをご存知でしょうか?

自粛の影響で会いづらくなっているはずなのに、どうして不倫に発展するのか、またバレずに不倫する方法はあるのかが気になるところですよね。

そこで今回は自粛の影響で不倫が増えている理由、自粛の中で繰り広げられている不倫の方法を紹介します。

既に不倫関係に陥っている人、パパが気になって本気で好きになりそうと感じている人向けの記事です。

自粛の影響で不倫が増えている理由

自粛の絵今日で不倫が増えている理由は、ずばり情勢が不安だと人恋しくなるからです。

お金のための割り切っていたはずのパパ活女子たちも、将来に不安を覚えて、誰かに頼りたくなるもの。

またパパ活で稼ぎづらいと感じた女性たちが、パパたちと愛人契約を結んで生活の安定を求めているのも理由の1つと言えるでしょう。

パパたちも生活スタイルが大きく変化したことで、肌を寄せ合える女性を強く求めるようになっているのです。

自粛の中で不倫が増えている理由としては、男女ともにストレスにより心細くなっていることが挙げられます。

自粛のなかで繰り広げられている不倫の方法を体験談形式で紹介

自粛の中で繰り広げられている不倫の方法を紹介します。

外出大っぴらにデートしづらい状況、尚且つリモートワークの普及で家族と過ごす時間が増える中、皆がどのような方法で不倫デートをしているのかまとめました。

自宅に呼んで家の中でデートをする(Aさん)

自粛中は外出デートがしづらいため、自宅に呼んで家の中でデートをするようにしました。

家なら誰にも会いませんし、人が密集する場を避けることができます。

デート内容は手料理を振る舞ったり、ダラダラ部屋の中で映画を見るなど、まさしくおうちデートというものがメイン。

万が一誰かに見られて家族にバレるという危険を避けることができるので、パパも家の方が安心すると言ってくれていますよ。

もちろん体の関係も持っています、家だからホテル代が節約できていいね、なんて話しています。

愛人契約に切り替えて囲ってもらう(Rさん)

今まではパパ活の都度払いでお手当をもらっていたんですが、関係が不安定だからこの際と思って愛人契約に切り替えてもらいました。

お互い好きな気持ちは持っていたし、元々体の関係もあったので、比較的抵抗なく受け入れてもらえましたよ。

月の生活費を全て負担してもらえるので他のパパとの関係は切り、今は1人のパパとだけ関係を持っています。

デートの内容はパパに合鍵を渡して自由に出入りできるようにしておき、半同棲のように通ってもらう形。

愛人契約は立場は不安定だけど収入は安定するし、家も確保されているから前より安心です。

パパの有給を利用してこっそりデートする(Tさん)

パパが家から出る機会が減ってしまったので、パパの有給を利用してこっそりデートをしています。

有給の日を家族に告げずに仕事に行くと伝えて家を出ることでアリバイを作り、不倫バレを防ぐようにしてるんです。

また最近は夜の飲みに行って遅く帰りづらいというパパが増えているので、1日お休みの日を利用した方が家族にも怪しまれづらくなります。

リモートワーク中でも完全在宅の会社は少ないので、有給を使えばバレづらいですよ。

まとめ

今回は自粛の影響でパパ活から不倫に移行するパターンが増えている理由、そして自粛中の不倫の方法を紹介しました。

お互いに心細くて誰かを頼りたくなる心理、なんとなく分かりますよね。

有給を利用したり、家を借りてもらった自宅だけでデートをすることで人に合わずに、家族バレを防止することができます。

パパ活の相手に好意を持っていて、お互いに恋愛を意識している人は、この記事を参考にしてお互いにリスクのないお付き合いをしてみてくださいね!