「コロナが流行してから前と同じようにデートしづらい」
「今の時代、前と同じようにパパ活するのは怖い…」

コロナウィルスの猛威はまた続いていますが、いつまでもデートをしないでお手当なしで生活するのは辛いですよね。

しかし自分がウィルスを媒介してしまうのは避けたいので、外出も思い通りにできないでしょう。

そこで今回はアフターコロナの時代のパパ活で大事なポイントを5つ紹介します。

感染症と共存し、安全にパパ活するためにもぜひ読んでみてください。

アフターコロナでのパパ活で大事なポイント5つ

アフターコロナでのパパ活で大事なポイントを5つ紹介します。

感染症を防ぐには手洗いうがいのほか、ソーシャルディスタンスを保つことが重要です。

さらに非常時には精神的・経済的なダメージを受けて人の心がすさむため、パパの精神状態に変化が訪れることにも注意せねばなりません。

今から紹介する5つの点を頭に入れて、今後のパパ活について考えてみてください。

パパとの出会いの場所を厳選する

アフターコロナでのパパ活で大事なポイント、パパとの出会いの場を厳選することです。

デートクラブ、アプリ、SNSなど様々な場所がありますが、やはり客層が違います。

デートクラブや男性の会費が高額なアプリは経済力のある男性が多く、SNSはヤリモクや詐欺など悪質な人も多いです。

特に詐欺などが横行しているご時世なので、今後はSNSは避けた方が良いでしょう。

パパの数を増やしてリスクを分散させる

アフターコロナでのパパ活で大事な2つ目のポイントは、パパの数を増やしてリスクを分散させることです。

1人のパパだけに頼っていると、相手がお手当を支払えなくなったときに収入が0になります。

質の高い複数人のパパとデートをするようにすれば、一気に収入がなくなるのを防ぐことができるでしょう。

メールだけで心を掴む文章力をつける

アフターコロナでのパパ活で大事な3つ目のポイントは、メールだけで心を掴む文章力つけることです。

なかなかデートができない場合は相手を繋ぎ止めるために、連絡をマメに取る必要があります。

相手への気遣いや文章だけで相手に好意を持ってもらうことができれば、会う頻度が減ってもパパとの関係が消滅しづらいでしょう。

また最近遠方のパパとメールだけでお手当をもらう会わないパパ活、つまりメル友になってお手当をもらうという手法も流行中。

デートなしでお手当がもらえる方法もあるので、男性の気を引くメールを打つテクニックを学んでおきましょう。

オンラインや会わないパパ活にも目を向ける

アフターコロナでのパパ活で大事な4つ目のポイントは、オンラインや会わないパパ活にも目を向けることです。

最近キャバクラや水商売のお店も、オンラインキャバクラに移行していますよね。

SkypeやZoomを利用することで直接顔を見てお酒を飲んだり、食事を取ることができます。

オンラインパパ活でも満足度はある程度あるため、お手当を得ることができるでしょう。

デートの内容をオンラインに移すことで、お手当を増やした女性もいます。

人混みを避けて安全なデート場所や時間を選ぶ

アフターコロナでのパパ活で大事な5つ目のポイントは、人混みを避けて安全なデート場所が時間を選ぶことです。

ソーシャルディスタンスを保つためには、人が集まる場所に行かないのが一番。

換気性が高い公園デートや人が密集しづらい昼飲みデートを選ぶ人も最近増えているんですよ。

パパもあなたも安心してデートができますし、直接デートなのでお手当の金額も変わりません。

アフターコロナの時代はデートの場所や時間帯を変えることで、安全にお手当を確保できるでしょう。

まとめ

今回はアフターコロナの時代のパパ活で押さえておくべき5つのポイントを紹介しました。

パパ活は直接会わないとできないわけではないので、オンラインパパ活や会わないパパ活も視野に入れてみましょう。

またパパとの出会いの場を厳選し、なるべく複数のパパからお手当をもらえるようにしてリスク分散を。

最近流行の公園デートや昼飲みを取り入れることで、ソーシャルディスタンスを保って安全なパパ活をすることもできます。

時代に合わせて柔軟にデート内容を変えることで、これからもパパ活を続けていけるでしょう!