「お盆や夏休みの間はパパに会えない…LINEやメールってしても良いのかな?」
「実家に帰ってる時に連絡したらうざがられるよね…」

夏休み中に連絡しないと存在を忘れられちゃう気がしますが、家族と一緒にいると考えると連絡しづらいですよね。

独身パパの場合も地元の友達といたら邪魔になってしまう可能性もあります。

そこで今回はお盆や夏休み期間中の連絡頻度・時間・ポイントを婚姻状況別に紹介。

適切な連絡を行うことでパパの心をつなぎとめ、夏休み明けのデートがスムーズになりますよ!

パパの婚姻状況で頻度を変える必要がある

夏休み期間中は特に相手の婚姻状況によって連絡頻度を変える必要があります。

相手のパパが既婚者の場合は四六時中家族と一緒であり、一人の時間はほぼないと考えて良いでしょう。

家族が寝静まった後やトイレに行っている間にスマホを確認するのが関の山と考えた方が良いです。

独身パパで帰省をしない場合は退屈しているので普段より多めに連絡してあげると喜ばれます。

普段会えない友達との飲み会が入ることもあるので、連絡が返ってこなくてもあまり気にしないこと。

適切なタイミングや頻度が分からない場合は、パパに直接「お盆中連絡しても良い?」と聞いておくと良いでしょう。

お盆や夏休み時間中の連絡頻度・時間・ポイントを婚姻状況別に紹介

それでは具体的にお盆や夏休み期間中の連絡頻度・時間・ポイントを婚姻状況別に紹介していきます。

既婚パパの場合は会社に行っている平日よりも連絡のタイミングは考えるべきですし、未婚パパは退屈していることが多いので連絡頻度は増やすべき。

それでは既婚パパと未婚パパに分けて、1つずつ連絡について詳しく解説していきます。

既婚パパの場合

パパが結婚している場合はストレートに「連絡しても大丈夫?」と聞いてみましょう。

連絡してもいいよと言われたら、事前にパパにスマホの通知設定とあなたの登録名を変更しましょう。

常に周囲に家族がいる状態なので、LINEやメールの通知のプレビューはオフにしておいてもらうのが無難。

また子供が小さい場合は親のスマホをいじったりするので、登録名もパパ活女性と分からないように変えておいてもらってください。

連絡のタイミングはパパが起床してから寝るまでの時間帯にしましょう。あまり遅い時間に送信すると配偶者が着信に気づき、携帯を見られる可能性があります。

お盆休みの間はラリーを続けるのも難しいので、1ラリー終わったら会話を終わらせるくらいにしておきましょう。

未婚パパの場合

未婚パパの場合は毎日連絡しても問題ありません、時間は起床時間を聞いておいて合わせてあげると良いでしょう。

休みで暇なので逆にデートの頻度が増えることもあります。

帰省をしている場合でも日中は暇している人が多いので、メールやLINEで暇つぶしに付き合ってあげましょう。

パパがおしゃべりが好きな人なら、電話で声を聞かせてあげるのも良いですね。

独身パパの場合はいつもより時間があるので、頻度高めに連絡を取って絆を深めましょう。

まとめ

今回はお盆や夏休み期間中のパパへの連絡頻度や時間、タイミングを解説しました。

既婚パパは家族といることが多いので連絡は控えめに、休みに入る前に登録名や通知の設定を変えるのを忘れないようにしましょう。

独身パパは暇な時間が増える傾向にあるので、連絡は頻繁にしてあげてくださいね。お互いに地元に帰らないなら、連絡だけでなくデートしてあげるのもおすすめ。

相手の状況を考えて連絡をすることで気遣いも伝わりますし、関係がバレて破綻することを防げます。

お盆や夏休みはパパ活もお休みするのではなく、適度にパパと連絡を取り合って心をつなぎとめましょう!