「パパ活をやっている女性ってモデルみたいな美人ばっかり?」
「私は普通だからお金持ちの男性に相手にされないよね…」

実はパパ活をしている女性の職業は普通の会社員が多いのを知っていますか?

モデルや芸能人はほんの一握り、パパの方も”普通の女性”との出会いを求めている人が多いんです。

今回はパパ活をやっている女性のデータと20代パパ活OLの体験談を紹介します。

この記事を読み終わる頃には「私にもできそう!」に気持ちが変わっているはずですよ。

パパ活をやっている女性のデータを紹介

まずはパパ活をしている女性がどんな人なのか具体的なデータを紹介します。

年齢層や職業はどんなものなのかを知っておきましょう。

20代前半から40代まで年齢層は様々

パパ活をやっている女性の年齢分布は以下のようになっています。

20代前半…50%
20代後半…25%
30代…20%
40代以上…5%

パパ活女子は20代前半が圧倒的に多いものの、実は40代以上の女性も活動しています。

年齢層は意外と幅広く、決して若い女性だけのものというわけではないんですよ。

普通のOL・次が学生

次にパパ活をしている女性の職業を調べて見ました。

OL…60%
学生…25%
水商売…8%
芸能関係…7%
その他…9%

実は会社員をしている女性が圧倒的に多く、ついで学生や水商売関係、芸能関係の女性という結果になりました。

そのほかは無職や職業を言いたくないという女性も含みます。

決して芸能人やモデルなどの抜群の容姿の人だけがパパ活をしているわけではないんですよ。

20代パパ活OLの体験談を紹介!

20代前半のパパ活OLであるKさんに体験談を伺いました。

普通のOLだったKさんはなぜパパ活を始めるに至ったのか、月額いくらくらい稼いでいるのかなどかなり突っ込んだ内容です!

パパ活を始めた理由はずばりお金がなかったから!中小企業の事務をしていますが、手取りで月収が20万くらい。女性だからセキュリティが良くて治安の良い土地に住みたいじゃないですか。給料の半分が家賃に消えるような生活で、全く好きなことができない状態だったんです。

インスタでキラキラ女子を見ていたらコメントに「パパ活してるんじゃないの?」と書いてあり、それでパパ活を知りました。こんなふうにキラキラできるならやってみたい!と思って、私もパパ活について調べてみたんです。最初はTwitterでやろうと思ってアカウントを作りましたが、なんか気持ち悪い援助交際の要求しか来ないので断念。

次にパパ活アプリを使い、さらにデートクラブにも登録するようになりました。

デートクラブのオファーはすぐには来なくて、まずはアプリで会えた人と食事や顔合わせで5千円〜1万円を稼ぐ日々。月に3万程度の稼ぎでしたが、私にとっては大きなお小遣い。

そうこうしているうちにデートクラブでもオファーがいただけて、そこで出会った方から月15万円で愛人の打診がありました。月に20万円の収入+15万ってかなり大きいですよね?

相手の方は清潔感もあって素敵だったし、すぐさまOK。今はパパ活で月に15〜20万円もらっています。他の男性とはデートせず、1人の方に囲ってもらっている状態ですね。

最初はアプリで細パパとデートをして稼いでいたKさん、デートクラブのパパのオファーで一気に収入が上がっています。

OLさんならメインの収入もあるので、月に10万円あれば生活レベルが一気に上がりますよね。

まとめ

今回はパパ活をやっている女性のデータと体験談を紹介しました。

パパ活は芸能界も目指せるような綺麗な女性ばっかりというイメージがあるかもしれませんが、意外と若いOLさんが多いんです。

容姿レベルは人それぞれですが、内面重視のパパもたくさんいるので自分の可能性を決めつけないようにしてください。

お金持ちのパパほど美人は見慣れていて、普通の女の子とデートを楽しみたいと思っているものです。

今回の体験談のようにアプリやデートクラブを併用して素敵な出会いを掴める女性もたくさんいますよ!