「仕事柄手先のネイルはできない…せめて足元だけでもおしゃれしたい!」
「フットネイルって自分でできる?何色を選ぶのがパパ受けするのかな?」

職場の就業規則でネイルができない方、普段は隠れている足元だけでもフットネイルをしたいですよね。

特に夏場はサンダルを履くことも多いのでネイルをしっかりしたほうが女子力アピールできます。

今回はパパ活女子におすすめのフットネイルの選び方のポイントをご紹介!

普段見えない場所までオシャレをすることで、パパ活女子としての意識を高めることができますよ!

パパ活女子におすすめのフットネイルの選び方

フットネイルを普段していない人はどんな色を選べば良いかわからないと思います。

またネイルサロンでお金をかけたくないという人は、自分で簡単にネイルする方法も解説しますよ!

シンプルな単色カラー

自分で簡単にフットネイルをしたい方はシンプルな単色カラーネイルがおすすめ。

最近はジェルネイルキットも5,000円程度で購入できますし、ジェルは怖いという方は100円均一のマニキュアでも綺麗に仕上がります。

  • 万人受けするピンク
  • セクシーな印象をつくれるレッド系
  • クール系なファッションが多いなら青

パパがどんな女性が好みか分からない場合は無難なピンク色を選ぶと良いでしょう。ショッキングピンクはインパクトが強すぎるので、淡いベビーピンクを選ぶと女性らしい印象を作れます。

普段からセクシーな格好をしている人は、真っ赤なフットネイルも似合います。夏はオレンジ系のレッドやピュアレッド、秋冬にかけてはワインレッドがおすすめ。

パパ活デートにかっこいい系の格好で行く人はブルーを選ぶのがおすすめ。ロイヤルブルーやスカイブルーは夏向け、秋冬はネイビーなど少し暗めの色味を選ぶとオシャレです。

濃い目の色は何度か塗り重ねることで綺麗に発色するので、2〜3度重ねて塗りましょう。

親指にだけストーンやパーツを乗せる

セルフでアートも試したいなら親指にだけストーンやパーツを乗せるのもおすすめです。

親指は爪の面積が広いので比較的アートしやすく、自分でも簡単にオシャレなネイルをすることができます。

ラインストーンやパーツは100円均一でも売っているので、いくつかまとめて購入しておきましょう。

無難なガラスストーンのほか、シェルなどを持っておくと夏ネイルにぴったりですよ。

奇抜なデザインは避けて女性らしいものを選ぶ

ネイルサロンでフットネイルをしてもらう場合は奇抜なデザインは避けた方が良いでしょう。

女性には評判の良いネオンカラーや奇抜なデザインはパパ活世代の男性から見ると少々派手に見えてしまいます。

無難なデザインやシンプルなものの方が男性受けするので、サロンでサンプルを見せてもらってあまりストーンがゴテゴテついていないようなものを選びましょう。

フレンチネイルやラメグラ、キレイ目なデザインのフットネイルをしてもらってくださいね。

クリスマスや夏などシーズン毎にデザインのトレンドがあるので、事前にネイルカタログをネットで検索して好みのものを選んでおくとオーダーしやすいですよ。

まとめ

今回はパパ活女子におすすめのフットネイルの選び方を紹介しました。

手先のネイルができない方もフットならバレずにできますし、サンダルやミュールを履いた時に足元を綺麗に見せてくれます。

単色カラーやラインストーンを置くだけなら自分でも100円均一のグッズでできますよ。

プロのネイリストさんに頼む場合は男性受けする色合いやデザインを選び、あまり派手なものは避けるのが賢明です。

フットネイルをしているだけで「オシャレだな」と思わせられますし、素足がより一層キレイに見えるもの、ぜひフットネイルに挑戦してみましょう!