「そろそろ秋メイクにチェンジしたいけど、気付いたらいつもと同じメイク…」
「経営者パパに出会えたから、好かれる大人っぽい清楚メイクをしたい!」

メイクは女性の鎧ともいえるもの。お化粧をすると急にモチベーションが上がったり、メイクがうまくいった人は気分が良くなったりしますよね?

男性にはメイクの細かいところは分からないと思っているかもしれませんが、お金持ちのパパは女性を接する機会が多い人が多数いるため、結構化粧にうるさい人が多いんです!

そこで今回は男性ウケしないNGメイクの例と2020年秋最新の知的かつ華やかに見せるメイクのコツを紹介します。

この記事の通りにメイクをすれば、パパからもっと愛されるパパ活女子になれますよ!

バカっぽく見えるメイクとは?

まず男性にとってドン引きなメイクを紹介していきます。

女性が可愛いと思うメイクと男性が「綺麗だな」と感じるメイクは違うので注意しましょう。

アイラインが太すぎ・長すぎ

強めのメイクが好きな人はアイラインを太く長めに書く傾向がありますが、あまり男性ウケしません。

パパ活男性たちにとっては強めのメイク=怖そうと言うイメージだからです。

目を大きくするためにアイラインを過剰に書くのはやめましょう。

チークが濃すぎる

頬にチークを丸く濃く乗せるメイクは可愛いのですが、男性から見ると「おてもやん?」と思ってしまいます。

特に40代以上の男性は原宿メイクなどはあまり知らないので、違和感があるんです。

チークはあくまでサラッと軽く乗せるようにしましょう。

服や肌の色にマッチしていない

ファンデーションやリップなどの色が肌に合っていないのも違和感を生じさせます。

例えば色黒の人が青味が強いリップを使うと、顔から浮いて見えてしまうことがあるんです。

デパートのカウンターなどで色味を見てもらい、自分にあったファンデーションやリップを選びましょう。

2020年秋最新!知的かつ華やかに見せるメイクのコツ

それでは早速知的かつ華やかに見せるメイクのコツを紹介します。

パパ活男性にウケるのは圧倒的に清楚系メイク、この法則を守れば男性からモテる今どき顔を作れるでしょう。

ツヤ肌を作る

秋のトレンドはツヤ感なので、ファンデーションもツヤ重視で選びましょう。

お手持ちのファンデーションにオイルを1滴垂らして使うと、良い感じにツヤを演出できます。

男性はマットよりもツヤのある肌の方が好きなので、この秋はツヤ肌メイクに挑戦してください。

アイラインにボルドーを入れて秋らしさを出す

アイラインは黒よりも茶色、秋らしさを出すならボルドーがおすすめです。

目を大きく見せたい場合は茶色のアイラインでインサイドラインを引き、その上にボルドーのリキッドを重ねるとデカ目効果を狙えます。

ラインの長さは細目、目尻から2〜3ミリ程度跳ね上げるくらいがちょうど良いですよ。

チークは肌に合った色を薄めに乗せる

知的に見せるためにチークは自分にあった肌色のものを薄めに、頬骨に沿って楕円形に入れましょう。

丸く入れると幼く見えてしまい、知的さがなくなります。

大きめのブラシで叩くように、顔の陰影をつけるイメージで付けてみてください。

リップメイクは艶重視

秋は女性にはマットリップが流行しますが、パパ活の場合はツヤ感が大事。

マットリップを付けた上に、ゴールドのラメが入った上品なグロスをつけるとツヤと秋っぽさをプラスできます。

色は落ち着いた赤みの強い色を選ぶと良いでしょう。

まとめ

今回は2020年秋の最新トレンドを反映したメイク術を紹介しました。

旬のカラーを取り入れることで秋らしさを、そしてパパウケも狙える一石二鳥のメイクです。

女性が可愛いと感じるメイクと男性にウケるメイクは違うことを念頭に置いて、パパ活デートの場合は男性ウケを最優先してください。

いつもと違うメイクをすることで気分も新たにデートでき、さらに男性に「いつもと雰囲気が変わった、なんだかドキドキする」と思ってもらえるでしょう!