「こないだ酔っ払ってパパにキモい!って言っちゃった…」
「パパとお酒を飲みながら語り合っていたら熱くなって喧嘩…なんて謝ろう?」

お酒を飲んでいるとついつい普段は口にしていない本音をパパに言ってしまうことがありますよね。

喧嘩のようになると今後の関係にもヒビが入りますし、どう謝れば良いか頭を悩ませているでしょう。

結論から言えば喧嘩をしたらパパに素直に謝るのが一番!今回は飲みすぎて失言したときにパパとの仲を修復するコツを紹介します。

男性が好きなのは素直な女性…理由は面倒くさくないから

パパたちは面倒なことが大嫌い。面倒なことを避けたいから無料の愛人や恋人を作らずに、あえてお金を払ってパパ活しているんです。

一言素直に謝って、あとはあっけらかんとしている女性の方が好まれます。

逆に言い訳がましかったり、逆に泣いて謝ってくるような女性は悪印象。

酔っ払って失敗することは誰にでもあるので、素直に謝って相手と今後も一緒にいたいという意思表示をするのが一番です。

パパに面倒くさがられないことを意識しましょう。

飲みすぎて失言したときにパパとの仲を修復するコツ

具体的にパパとの仲を修復するコツについてお伝えします。

基本的に男性はさほど根に持たない人が多く、謝ればあっさり許してくれるもの。

女性よりもさっぱりしているので、あまり深く考え込まない方が良いでしょう。

それでは1つずつ説明します。

喧嘩になったら冷却期間を置く

まず飲みすぎて失言して喧嘩になった場合は少し冷却期間をおきましょう。

男性は怒っているときに何を言われても言い訳に聞こえてしまい、逆に気持ちが覚めてしまうことがあります。

一言メールで「こないだはごめんなさい」とだけ謝り、相手から返信がなくてもひたすら待つこと。

ここで追撃メールを連投すると悪印象になるので、ぐっと我慢してください。

相手の怒りが治れば、あっさり相手からデートに誘ってもらえることが多いですよ。

素直に謝る

関係を修復するのに一番大事なのは素直に謝ることです。

「でも」「だって」という言葉は封印し、潔く非を認めて謝れば許してもらえます。

「パパこないだは怒らせるようなことを言っちゃって本当にごめんね」の一言で良いんです。

ここで「あの時は酔ってたからあんなこと言ったけど、本心は全然そんなこと思ってなくて…」などとゴチャゴチャ付け加えるのはやめてください。

男性は話が長いのを嫌いますし、酔っていることを言い訳にされても「逆に本心なんじゃないの?」という気持ちが湧いてきます。

パパに許してもらえるかどうかは置いておき、まずは謝罪をすることが大事です。

どの点を悪いと思って、今後どう改善していくか話す

謝ってパパが話を聞いてくれそうな様子なら、具体的に改善案を提示すると良いでしょう。

男性は論理的な生き物なので、謝罪をしても繰り返すようなら反省がないとみて見放してしまいます。

例えば「こないだは〜って言ってしまってごめんね。今後はお酒の量をもっと考えて、楽しい時間を過ごせるようにします」と言えば良いでしょう。

具体的な改善案まで話すことで「反省してくれているんだな」と伝わり、パパと今後も仲良くお付き合いを続けられるようになります。

まとめ

今回は酔っ払ってつい失言したときのための、パパとの関係修復のコツを紹介しました。

喧嘩をしたときにも使えるテクニックなので覚えておきましょう。

まずは謝って時間をおく、話し合う時は改善案まで提案する、この3つをセットにすればパパと良好な関係でい続けることができます。

同じ失敗は2度としないよう、失敗の原因を究明して同じ状況を作り出さないことも大事ですよ。

お金持ちパパは基本的に心の広い人が多く、細かいことを気にしませんが、面倒な女性は大嫌い。

素直に謝る、反省する姿勢を見せた方がよりパパとの仲直りの期間は早くなりますよ!