「フレンチのお店に連れて行ってとおねだりしたけど、テーブルマナーがわからない!」
「パパに恥をかかせないように最低限のマナーを教えて!」

高級店にくるお客様はみなテーブルマナーも弁えた富裕層の方が多く、振る舞い次第ではお店で浮いてしまうこともあります。

そこで今回はパパ活でフレンチレストランに行く時の洋食マナーをご紹介。

この記事を読めばフレンチレストランなどでおどおどする心配がなくなりますよ!

パパ活食事デートのマナー!洋食などのフレンチコース編

それでは早速フレンチコース を食べる時の洋食のテーブルマナーを紹介します。

前提として高級店に行くときはまずはドレスコードを確認して、お店の雰囲気にそぐう服装をするのがマナーなので、その点はいくお店に合わせてコーデしてくださいね。

それでは具体的なマナーを紹介していきます。

ナイフ・フォークは”外側から使う”

テーブルにセットされているナイフやフォークのカトラリー類は外側から使うのがマナーです。

前菜は一番外側のナイフとフォークを使い、コースが進行するごとに一番外側にあるカトラリーを使います。

形状を見て見分ける必要はなく、一番外側のフォークとナイフを使うと覚えておきましょう。

食事中にナイフとフォークを置くときはハの字に

コースをいただいている最中にナイフやフォークを置くときは、ハの字になるよう皿の上におきましょう。

これで「まだ食べています」と言うサインになります。

またナイフは内側に刃側を、フォークの背の部分を上にするのがマナーです。

料理を食べ終わったらナイフとフォークと揃えて置くことで「食べ終わりました」と言うサインになります。

フォークは食事中とは反対に腹側を上にしておくようにしてください。

パンの食べ方

コースで提供されるパンはいつ食べても構いませんが、先に食べてしまうとメインまでにお腹がいっぱいになってしまう可能性があります。

メインのお肉や魚のソースをパンで拭って食べるのはマナー違反ではありませんので、メインまで残しておくと良いでしょう。

パン屑が出ないように、パンの取り皿の上で1口サイズに切り分けて少しずつ食べると美しくいただけますよ。

スープの飲み方

スプーンを手前から奥に動かしてスープをすくい、口まで運んでいただきます。

皿を持つのは日本だけの習慣なので注意。

スープが少なくなってきてすくいづらいときは、皿を奥の方に少し傾けると最後までスープをいただけます。

ナプキンの扱い方

テーブルに置かれているナプキンは食事中は膝におき、口元を拭うときなどに使用しましょう。

食事中にお手洗いなどで席を外すときは軽く畳んで背もたれにかけるのがマナー。

食べ終わって店を出るときはナプキンを少し雑に畳んでテーブルの上に置いておきましょう。

食事後にナプキンを綺麗に畳むのはマナー違反になるので注意してくださいね。

シャンパングラス・ワイングラスの持ち方

食事中にシャンパンやワインをいただく時のグラスの持ち方にもマナーがあります。

基本的にグラスの持ち手部分の下の方を親指・人差し指・中指の3本で持ち、薬指で固定するようにしましょう。

グラスの下の方を持つのはワインやシャンパンが体温で暖まってしまうのを防ぐため。

安定して持てるように家で練習しておくと良いでしょう。

まとめ

今回は知らないと恥ずかしいパパ活女子が覚えておくべき洋食のテーブルマナーを紹介しました。

家ではお箸で食事をすることが多いので慣れないと思いますが、意外と覚えてしまえば簡単です。

心配な方は家で洋食を作り、ナイフとフォークで食べる練習をしておくと本番で緊張しづらいかもしれません。

テーブルマナーを身につけることはパパ活だけでなく人生の教養になります。

デートで素敵なレストランに行く機会をチャンスと思って、マナーの勉強をしてみましょう!