「アプリで会うパパが安い人ばっかり…太パパなんて本当にいるの?」
「一回の食事で5万もらってるpjさん…やっぱり超美人なのかなあ」

パパ活してたくさんお金を稼ごうと意気込んでいたのに、現実は細パパしかいなくて落ち込んでいませんか?

実はそれは誰でもぶつかる壁、なぜならお金をバンバンくれる太いパパは全体の2割程度だからです。

しかしガッカリする必要はありません、元々太いパパは少ないですが、細いパパを太パパに変身させる”育て”というテクニックがあります!

今回は細パパを太パパに育て上げたAさんにお話を伺いましたので、彼女のテクニックを盗んであなたもパパ活で稼ぎましょう。

太パパは全体の1〜2割くらいしかいない!成功しているパパ活女子は”育て”がうまい

パパ活アプリやデートクラブなどパパ活の出会いの場所は多数ありますが、なかなか太いパパには出会えません。

アプリは誰でも利用できるだけに高収入のパパは少ないですし、女性が圧倒的に多いのでなかなか条件が会う男性に出会いづらいからです。

デートクラブはかなりのお金持ちが多いですが、芸能人やモデルなどの美女も在籍していること、女性はオファーを待つしかないためなかなか出会いがつかめません。

パパ活で稼ぎたいならデートクラブで太パパからのオファーを待ちつつ、アプリで出会った細パパを育て上げることが必要なんです!

細いパパを太いパパに育て上げたやり手パパ活女子にインタビュー

今回はアプリで出会ったお食事1回5,000円の細いパパを月に30万円くれる太パパに育て上げたAさんにインタビューを行いました。

Aさんは都内で働くアラサーのOLさんで、パパ活のきっかけは「普通のOLの暮らしじゃなく、もっとリッチでキラキラした生活がしたいから」だったそう。

ここからはAさんがどのように細パパを育てているのか、その技術を聞いていきます。

アプリでパパ活を始めて愕然としたのは、食事だけでお金をくれる男性がいないこと。お金のためにセックスするのは本当に無理だったので、食事だけの人の数を増やすことにしました。

食事だけに絞ってしまうと一回5,000円〜10,000円くらいが相場。どんなに頑張っても一ヶ月で15万円くらいが限界だったんです。

最初は人数を増やして稼いでいたんですが、仕事もありますしだんだん体力的にきつくなってきて。そこで考えたのが「どうやったらもっと私にお金を出してくれるだろう」ということでした。

そこで思いついたのがパパとの上下関係を作ることで、私のいうことをなんでも聞く状態を作ること。例えばちょっとしたお願いをして、「いいよ」と言ってもらうのを繰り返すんです。

「ナプキンとって」「それ美味しそう!一口頂戴!」こんな小さなことから積み重ねていき、パパが私に対してYESという癖をつけるようにしました。

一ヶ月くらいこれを意図的にやってみて、パパが気を悪くしていないのを確認してから「ちょっと生活が苦しいから、助けて欲しい」とお願いし、お手当を食事で5,000円から10,000円にアップすることに成功。

そこからは徐々にステップアップしてブランド物をおねだりしたり、「今日はボーナス頂戴!」などと明るく頼んで少しずつもらえる額を引き上げました。お金をもらった時は大袈裟なくらいに喜ぶ、感謝するを繰り返していきます。

気付いたらパパが私がいう前に1回のお手当を余分に渡してくれるようになったんです。

男性たちは女性が喜ぶ様子に達成感を感じるみたいで、私が喜ぶほど「尽くすことが快感」になってきているみたい。

まず上下関係を作る、小さなことからYESを引き出すこれを地道に続けるのが一番パパを育てやすいと思います。

まとめ

今回は細いパパを太いパパに育て上げたAさんにインタビューを行いました。

男性との関係で自分がイニシアチブを取り、いうことを聞く癖をつけていくという手法はお見事ですね!

現在Aさんは一回の食事で3万円〜5万円程度もらえるようになり、一人のパパからは月に30万円の支援を受けているようです。

お金持ちに会えないと嘆くのではなく、金払いの良いパパに育てる方がスピーディに稼げます。

Aさんのテクニックを真似して、あなたもパパを太パパに変身させましょう!