「楽して稼ぎたいが本音だけど正直に言うとパパに嫌われちゃうよね?」

パパ活の顔合わせではよく「どうしてパパ活しているの?」「夢は目標は?」と聞かれることが多いと思います。

なぜ男性がこの質問をするかと言うと、あなたを応援する理由・お金を払う理由を探しているからです。

ここで「楽して稼ぎたいんです」と言ってしまったら、もちろん応援してもらえません。

今回はパパに夢や目標を聞かれた時に好印象を与える回答をご紹介します。

この記事を読めば、パパに将来の夢を聞かれて困ることがなくなり、より応援してもらえるパパ活女子になれるでしょう!

パパに夢や目標を伝えると好感度がアップする

男性がパパ活でお金を払うのは”欲求を満たしたい”からか、”自分が持っているお金を人のために使いたいから”です。

前者はセックスをしたいと言うことですが、この手のパパだけを相手にしていると大人の関係を持つことになるので抵抗がある人も多いでしょう。

食事だけでお手当をもらいたいなら、あなたの夢や目標を伝えて、パパがお金を払う理由、つまりあなたを応援しなければ!と言う気持ちを起こさせる必要があるのです。

夢や目標に向けて努力をしている女性は男性からも魅力的。

「この子が夢を叶える姿を見たいなあ」と思わせれば、今以上に金銭面や人脈面で協力してもらえるようになるんです。

パパに「夢やなりたいものは?」と聞かれた時に好印象を与える回答

しかし誰もがハッキリなりたいものや夢があるわけではありませんよね。

そんな時は今から紹介する4つの例を参考にして、パパに夢や目標を伝えて応援する理由を作ってあげてください。

ゴールを決めてパパ活している姿勢を見せることで、パパにより応援してもらえるようになるでしょう。

「学費を自分で払いたい」

あなたが学生さんの場合は「学費を自分で払いたい」と伝えるのも良いでしょう。

親に負担をかけずに勉強をしたいと言う苦学生のイメージは、パパにとって「応援したい」と言う理由になります。

特に地方出身者のパパは上京してきて一人暮らしした経験が必ずあるので、若い頃の自分に重ね合わせてあなたに共感してくれるでしょう。

大学生の方は学費を理由にしてみても良いと思います。

「親に家を建ててあげたい」

親孝行エピソードは男性の胸を打ちやすく、あなたの人間性への評価を高める効果もあります。

「親に家を建ててあげたい」「海外旅行に連れて行ってあげたいんだ」など、お金がかかる目標を伝えると良いでしょう。

パパも必ず親がいるはずなので共感してもらえ、あなたを応援してくれるはずです。

「自分のお店を開きたい」

ネイルサロン、カフェなどなんでも構わないので「自分のお店を開きたい」などの起業系の夢も良いでしょう。

資格取得の勉強などを理由にする人がいるのですが、パパ的には資格を取って何をしたいのかのほうが重要。

「今〜の資格の勉強をしているんだけど、それを取って最終的に〜のお店を開いて起業したい」などより具体的な方が伝わりやすいです。

どれくらいの費用が必要なのかなども計算しておき、パパに聞かれたら答えられるようにしておきましょう。

まとめ

今回はパパ活で夢や目標を聞かれた時に好印象を与える回答の仕方を3つ紹介しました。

学生さんは学費、親孝行・起業系が定番ですが、夢や目標としたパパに「応援してあげたい」と思わせる効果があります。

パパに話す時は具体的に「親を世界一周のクルージングに連れて行きたい」など、詳しく説明できるようにディテールまで調べて説明できるようにしておきましょう。

男性は応援する理由があれば、あなたに投資の感覚でお手当や支援をしてくれるようになります。

パパ活で成功するためには男性に応援される、夢や目標を持って努力している素敵な女性を演じましょう。