「12月はクリスマスもあるし、欲しい物を買ってもらえるかも」
「11月はイベントもないし、なんかパパを誘いづらいなあ」

実はパパ活のかきいれ時はクリスマスがある12月ではなく、11月なんです!

11月はイベントがないからと言ってパパへの営業をサボると、クリスマスに狙っているプレゼントを買ってもらえない可能性もあります!

そこで今回はなぜ11月がパパ活デートのチャンスなのか、会いにくい太パパ男性とのデートを取り付けるポイントを3つご紹介。

太いお金持ちの男性ほど12月は忙しい物、11月になるべく多くデートをして早めのクリスマスプレゼントをゲットしましょう。

なぜ11月はパパ活デートのチャンスなのか?

どうして本番の12月の前月である11月がデートのチャンスなのかを解説していきます。

それは単純に12月はパパが忙しくて会えない可能性が高い、またはデートの頻度が下がることが多いからです。

都度払いでお手当をもらっている人は、デートの回数が減るだけでお手当が減ってしまいますよね。

そこで大事なのが、本番の12月よりも11月に多めにデートをすることなんです。

12月はイベントが多くパパが忙しい

師走という言葉通り、12月という月は年末年始のお休みに向けて仕事が詰まっていく時期でもあります。

12月30日あたりからお休みになる会社が多いので通常より営業日が少なく、それだけでも業務負荷がかかりますよね。

さらにパパが偉い人であるほど、取引先や部下との忘年会に呼ばれることが多くなるのでなかなか終業後に時間を作ることができません。

パパが既婚者の場合はクリスマスイブ・当日は家族と過ごす人が多く、デートをするのも難しいでしょう。

このように12月は仕事・忘年会・クリスマス・そして年末年始のお休みが入るため、デートできる日自体が非常に少なくなります。

会いにくい太パパ男性とのデートを取り付けるポイント

12月にパパと会える日が少なくなってしまうなら、その前の月である11月に営業をかけましょう!

うまくいけば「来月は会えないから、今月早めのクリスマスプレゼントを…」とパパが気を使ってくれるかもしれません。

  • 「12月は〇〇さんも忙しいでしょ?だから今月たくさん会いたいなあ」
  • 「〇〇さんに渡しておきたいものがあるんだ!」
  • 「なんか急に会いたくなっちゃって、時間作ってもらえたら嬉しいです」

お誘いする時はパパの事情を理解していますよ、という感じを出して良かったら会いたいと伝えるのが適切です。

12月は会えないだろうからと言っておけば、パパも「確かに来月は忙しいな、クリスマスもあるしな」と思って誘いに乗ってくれる確率が上がるでしょう。

パパに「会いたい」とストレートに伝えるのがコツ、さらにその時にクリスマスの話はしない方が良いです。

11月にクリスマスの話をするとプレゼント目当てということがバレてしまいますからね。

さりげなく〇〇さんと来月会う回数が減るのが嫌だから会いたい、と可愛くお誘いすればパパも悪い気がしません。

まとめ

今回は何かと忙しい12月よりも、11月に頑張ってパパとデートをする方が得だという話をしました。

仕事や忘年会、家族行事が立て込むため、12月は案外デートできる日が少ないんです。

11月の間に多めにデートして来月分まで稼いでおき、さらにクリスマスプレゼントを早めにゲットできる確率をあげましょう。

パパを誘う時はクリスマスというワードは出さず、単純に「来月は会いづらい月だから今月会いたい」と伝えること。

勘の良い男性なら「来月何が欲しい?」などと自分からプレゼントの話を振ってくれるはずです。

パパ活女子にとってクリスマスの勝負は11月から始まります、今すぐにパパに連絡をしてデートの約束を取り付けましょう!