「食べ物の好き嫌いが多くて食事デートの度に我慢してる…」
「なんでも良く食べる子がモテるって聞いたけど本当?でもパパの前でガツガツ食べるのって悪印象じゃないの?」

食の好みは人それぞれ、どうしても受け付けない食べ物ってありますよね。

しかし食べ物の好き嫌いがない女の子は印象が良く、逆に好き嫌いが激しい女性ってワガママなイメージを持たれてしまうんです。

今回は食べ物の好き嫌いがないパパ活女性がモテる理由と好き嫌いの克服方法をご紹介します。

この記事を読めば好き嫌いを直すメリットがわかり、さらに克服方法を学ぶことができるでしょう!

食べ物の好き嫌いがないパパ活女性がモテる理由

食べ物の好き嫌いがないパパ活女性はパパに人気があります。

つまり好き嫌いがない方がパパ活に有利ということです。

今から解説する3つの理由を読めば、あなたも今すぐ食べ物の好き嫌いを直したくなるでしょう。

食事デートのお店選びが楽

食べ物の好き嫌いがないパパ活女性とのデートはパパにとって楽。

レストランを選ぶ時に「ここは、あ〜あの子はこれが嫌いだから…」などと気にしなくて良いからです。

またパパが「ここに行きたいな」というお店に誘いやすくなり、デートの回数が増えるというメリットも。

好き嫌いがない女性はパパにとって楽な存在なんです。

たくさん美味しく食べてくれる様子を見ていると嬉しくなる

食べ物を好き嫌いせずになんでも食べている様子は見ていて気持ちが良いものです。

パパは自分が選んだお店の食事を喜んで食べてくれる女性に好感を持ちます。

「この子と食事していると気持ち良いな」と思わせられるので、好き嫌いを克服すれば好感度が上がるんです。

好き嫌いがない=性格が良いというイメージがある

ちなみに食べ物の好き嫌いが多い人は人の好き嫌いも激しいというイメージがあるそうです。

つまりワガママな子なんだな、と思われてしまうということ。

あなたの性格面の印象も決まってしまうので、食べ物の好き嫌いがないに越したことはありません。

好き嫌いの克服方法

食べ物の好き嫌いがない方が好感度が良いという理由に納得できたら、早速克服する方法を学びましょう。

どうすれば苦手な食材を好きになれるかを解説していきます。

美味しいと評判のお店に行ってみる

食べ物の好き嫌いは過去に食べて「美味しくない」と感じた経験によるものです。

その食材自体が美味しくないというイメージを書き換えれば、苦手を克服できる可能性があります。

例えば椎茸が苦手な人は、高級店の椎茸料理を食べてみてください。

その食材のイメージが「美味しい」に上書きされれば、好き嫌いが克服されるでしょう。

味付けや食材のランク変えてみる

嫌いな食べ物に対してのイメージを書き換えるために、味付けや食材のランクを変えてみるのも良いでしょう。

過去に味付けが合っていない料理を食べた、または食品の品質が悪くて美味しいと感じなかった可能性があるからです。

例えばウニが苦手な人も、北海道で新鮮なものを食べて好きになったという人もいます。

苦手な野菜も味付けを変えることで好きになれるかもしれません。

少し高めの食材を買って食べてみる、以前食べた時と違う味付けで食べるのも好き嫌い克服の方法の1つです。

どうしても生理的に無理な場合はパパに伝えてOK

口にすると吐き気を催すレベルでどうしても食べられないものがある場合は我慢する必要はありません。

好き嫌いがないに越したことはありませんが、我慢して食べてパパの前で具合が悪くなったらさらに印象が悪くなります。

パパに「これだけはどうしても食べられなくって」と伝えておき、食事店選びの参考にしてもらいましょう。

まとめ

今回は食べ物の好き嫌いを克服するだけでパパ活にもメリットがあること、そして嫌いな食べ物の克服方法を紹介しました。

好き嫌いがない女性とのデートは店選びが楽ですし、また良く食べる女性との食事は見ていて気持ちが良いもの。

また好き嫌いなくなんでも食べる女性は性格が良いというイメージがあるので、好感度を上げる効果もあります。

過去に「美味しくない」と感じた経験から思い込みで食べず嫌いになっている可能性も高いので、少し高いお店でチャレンジしたり、高めの食材を以前と違う味付けで食べてみるなど工夫してみましょう。

食べ物の好き嫌いがなくなれば栄養素的にもパパ活にもメリットがあるので、ぜひこの記事を参考にして克服してくださいね!