「パパと話をする時話題を合わせてつい知ったかぶりしちゃう…」
「でもバカと思われたらきっとがっかりされるし…」

ついついパパに話を合わせて知ったかぶりをしてしまうあなた、今すぐやめましょう!

社会的にも成功していて経験豊富な年上男性は、若い女性の知ったかぶりはすぐに見抜きます。

今回は知ったかぶりなパパ活女性が太パパに嫌われる理由と知ったかぶりせずにパパと会話するテクニックをご紹介。

下手に「私知っています」というより「分からない」と素直に言うことが大事だと分かってもらえるはずです。

知ったかぶりなパパ活女性が太パパに嫌われる理由

太パパ、つまりお金持ちの男性は様々なジャンルに知識が深く、また頭の回転が速い人が多いです。

つまり相手が自分の話を理解していない、知ったかぶりをしているかどうかはすぐに見抜かれてしまいます。

さらにパパたちは知ったかぶりの女性にあまり良い印象を抱いていません。

その理由を1つずつ解説していくので、知ったかぶりをする癖がある人は直しましょう。

謙虚じゃなく可愛くない

知ったかぶりな女性は謙虚じゃないイメージがあり、可愛く思えません。

生意気なタイプの女性は男性から嫌われるんですよね。

自分の知識不足を認めない姿勢は太々しく見えてしまいます。

女性に合わせて話題のレベルを下げる必要がある

実際には話題についていけないことが分かってしまうので、話のレベルを相手に合わせて下げねばならなくなります。

太パパは頭の良い人が多いので対応してくれますが、会話についてこれない女性との会話には苦痛を感じがち。

それなら素直に「教えて」と言ってくれた方がパパとしても話が楽なのです。

プライドが高いので気を遣う

知ったかぶりをする女性は「私はバカじゃない」と言うプライドの高い人が多いです。

そのためパパはあなたのプライドを傷つけないように話題の概要を説明するなど、何かと気を使います。

気を使って会話する相手は疲れる、癒されないと思われるでしょう。

知ったかぶり=嘘の一種なので信用できない

知らない話題に「ああ〜あれね」などと話を合わせるのは嘘の一種と捉えられます。

正直に「知らない」と言ってくれないことから、パパとしては「この子は普段から嘘をつくのかも」と人間性に対しても疑問が湧くんです。

パパ活には信頼関係が重要、嘘をつく人と思われてしまうのはそ損ですね。

パパは素直に「わからない、教えて下さい」という女性の方が好き

パパはお金持ちで知識も豊富な人が多いので、難しい話が話題に出ることもあります。

時事問題や社会情勢など、常識の範囲の知識はお勉強しておくこと、それでも分からないことは素直に「分からない」と答えて良いんです。

男性は女性に物を教えるのが好きで、「教えて欲しい」と頼まれると嬉しくなるんですよ。

そのため知ったかぶりをされるより「分からないから教えて下さい」と正直に話してくれる女性の方が好感度が高くなります。

まとめ

今回は知ったかぶりな女性はパパに嫌われると言うお話をしました。

ついつい知識のあるパパに合わせて賢い女性を演じたくなる気持ちはわかりますが、それは逆効果です。

頭の良いパパたちは女性の知ったかぶりを見抜き、逆に気を遣わせることになってしまいます。

パパも素直に分からないと言ってくれる方がよほど気が楽なんですよ。

頭の良い人は人を見下したりしないので、「こんなことも知らないのか?」なんてマウントを取ることもありません。

逆に「教えてあげるよ」と生き生きとしてあなたに物を教えて、知識をつけさせようとしてくれるはずです。

知らないことは恥ずかしいことではなく、むしろ偽りの知識で話を合わせてそれが見透かされているほうがよほどカッコ悪いこと。

今後は素直にパパに知らないことは知らないと伝え、未知の知識を教えてもらいましょう!