「いつも良くしてくれる太パパ…でもどうしても我慢できないことがある!」

お金をたくさんくれる太いパパには嫌われたくないし、面と向かって欠点を指摘するのって勇気が要りますよね。

しかし時にははっきり相手に思っていることを伝えることも大事!

相手も悪気があるわけではないので自然には直らないし、あなたも我慢しているうちにストレスを感じてしまいます。

そこで今回は太パパに「イラッ」とくる時とはどんな時か、また男性の自尊心やプライドを傷つけずに言いたいことだけ上手に伝える方法をご紹介。

この記事を読めば男性を立てつつ、あなたの考えをパパに伝えられるようになります。

いくら太パパでも「イラッ」と来る時とは?

お金をたくさんくれるパパだとしても、むかつくものはむかつきますよね。

世間のパパ活女子さんがどんな時に太パパにイラッとくるのかを調べてまとめました。

プライベートの連絡がしつこい

LINEやメールが多すぎる、返信を催促されるとイラッとしてしまいますよね。

太パパはマイペースな人が多いので、悪気はないのですがあまりこちらのペースを考えてくれない人が多い気がします。

毎日のLINEや連絡にストレスを感じるパパ活女子が多いです。

体の関係を迫ってくる

いくらお金をたくさん払っているからとはいえ、体の関係を持つかどうかはお互いに合意が必要です。

しかし太パパの中にはしつこく迫ってきて、毎回デートのたびに「エッチしたい」と言われてうんざりしてしまうこともあるでしょう。

何度もセックスしたいと言われてイライラすることも多いですね。

過干渉してくる

あなたのことを心配して気にかけているパパほど、ついついあなたに干渉してしまうようです。

しかし身内ではないし、あくまで他人のパパにプライベートや仕事のことなどをあれこれ言われるとストレスになりますよね。

指図されたり、生活について干渉されるとイラッとしてしまうようです。

男性の自尊心やプライドを傷つけずに言いたいことだけ上手に伝える方法

太パパたちを怒らせて関係が切れるのを避けつつ、あなたが嫌だと思っていると伝える方法をご紹介します。

パパにNOと言う意思表示ができた方が、ストレスなくパパ活できますよ。

例え話で遠回しに指摘する

遠回しに「私の友達の彼氏が〜なんだって!どう思う?」と問いかけてみましょう。

プライドを傷つけずに男性に欠点や嫌なことを指摘するには、相手に”自発的に気づかせる”ことが大切。

例えば「彼氏の友達がデートしない日もLINEの返信が遅れると怒るんだって〜!どう思う?私はちょっとやだなあ」

このように伝えて、パパにさりげなくあなたが嫌なことを知らせましょう。

「〇〇さんとは今後も一緒にいたいから…」と嫌なところを伝える

例え話をしてもパパが他人事と捉えている場合は別の伝え方をしましょう。

「〇〇さんとは今後も一緒にいたいから、〜だけやめて欲しいな」と言う言い方ならパパも傷つきづらいです。

これからも一緒にいたいと言う好意を伝えているので、パパも嫌な気がしないでしょう。

相手が鈍い場合はズバッと簡潔に伝える

男性の中にはかなり鈍い人もいて、遠回しに伝えても全く自覚しない人もいます。

どうしても我慢ならないことがある場合は「私は〜されるのは嫌なんです」とはっきり言いましょう。

我慢してストレスを溜めてしまうより、はっきり伝えて改善してくれたらラッキーです。

パパは多少傷つくかもしれませんが、ストレートに言ってこそ伝わることもあります。

まとめ

今回は太パパのプライドや自尊心を傷つけずに、言いたいことだけ伝える方法を紹介しました。

男性というのはプライドが高い割りにメンタルが弱り厄介な生き物なので、例え話をしたり、彼への好意を伝えつつ指摘をするのが重要。

それでも気づかないタイプの人には、ストレートに嫌なことを伝えましょう。

お互いに直して欲しいところを指摘し合えば関係も長続きしやすくなり、居心地も良くなります。

上手な伝え方を覚えて、パパとの関係をより快適で楽しいものにしましょう!