「デートクラブで架空のプロフィールを作成するのってなんで?嘘をついているみたいでいや」
「パパとデートしてるとどうしても嘘をつく場面が出てくる…なんだか罪悪感」

優しいあなたはパパに嘘をつくことに違和感や罪悪感を抱いているかもしれませんね。

しかし実はパパ活において架空のプロフィール上の人物を”演じる”ことは嘘ではなく、むしろパパのためにもなるんです。

今回はパパ活において演じることが大事な理由を徹底的に解説していきます。

プライベートとパパ活に切り分けができなくなったり、パパと一緒にいる自分に違和感を感じる人はぜひ読んでみてください。

パパ活において大事なのはパパの理想の女性を演じ切ること!その理由を解説

デートクラブやパパ活アプリにおいては、まず架空のプロフィールを作るように言われますよね。

この時に「どうして本名じゃダメなの?」「本当のことをパパに言っちゃダメなの?」と疑問に思う人も多いはず。

実はこれは嘘ではなく、あなたの身を守ったり、パパを楽しませることにつながっています。

パパ活で大事なのは素の自分を見せることよりも、相手が高額のお手当を払ってもなお「満足した!払ってよかった」と思える時間を提供することです。

嘘ではなく演じることが、パパ活の成功につながる理由を解説していきます。

パパを楽しませることにつながる

パパ活において演じることが大事なのは、パパを楽しませることにつながるからです。

厳密に言えば、相手が求めているパパ活女性の理想像を分析してその人物になり切るイメージですね。

パパは理想の女性と過ごせる楽しい時間にお手当を喜んで払うわけです。

例えばあなたが彼氏持ちの場合はパパに対して「彼氏はいません」と嘘をつくことになりますよね。

正直に伝えてしまうと男性をがっかりさせてしまうでしょう。

しかしよく考えれば「彼氏がいない」自分を演じることで、パパが擬似恋愛を楽しむお手伝いをしていると思えば良いんです。

パパを幸せにするための演技はパパ活二は絶対必要なんですよ。

身バレ防止になる

パパ活において架空のプロフィール上の人物を演じることで、あなたの身を守ることにもつながります。

本名や地元・年齢など、パパ活において本当のことを言わねばならない場面はほとんどありません。

ネット社会の現在では事実を伝えることでネットストーカーされたり、自宅特定をされるなどのリスクもあります。

パパには仮のプロフィールを伝えて素性を隠すことで、相手が万が一ガチ恋になった場合にリアルに被害が及びづらくなるでしょう。

パパ活とプライベートの切り替えがしやすくなる

パパの前でパパ活用の自分のキャラを演じることで、プライベートとの切り替えがしやすくなります。

パパ活において病んでしまいがちな人は、素の自分でパパに接するため相手の気持ちが重くなったり、よくしてもらって悪いなと思ってしまいやすいからです。

「こんなにお手当をくれるのに体の関係は絶対嫌なんて虫が良いよなあ」など思ってしまう人は、別人を演じることを徹底すると楽になりますよ。

別人を演じることでそう言った精神的な負担が減り、より気持ちよくパパを楽しませられるようになるでしょう。

まとめ

今回はパパ活において嘘ではなく、男性の理想の女性を演じることが大事な理由を解説しました。

嘘ではなくパパを楽しませるための演技と思えば気が楽になりませんか?

架空の自分を演じることで男性を楽しませられるだけでなく、身バレを防いだり自分のメンタルを守ることにつながります。

男性と1:1で接することで精神的に疲れてしまいやすい人や、プライベートとの一線を引きたい人は実践しましょう。