「クリスマスに何欲しいって聞かれたけど…欲しいものが30万円以上…はっきり伝えて良い?」
「おねだりしたらがめついって思われそう、どうしたら高いプレゼントをもらえる?」

Twitterなどでパパ活女子のアカウントを見ていると、100万円くらいするプレゼントをもらっている人もゴロゴロいますよね。

本当にもらってるのかな?なんて疑ってしまうこともありますが、実はアレは日頃の努力の賜物なんです。

クリスマス前だけ優しくして「エルメスの財布欲しい〜」なんて伝えても、パパは買ってあげようとは思わないでしょう。

今回はパパに高額のプレゼントをクリスマス以外にももらっているパパ活女子から、日頃気をつけていることを聞いてきました。

この記事を読めば、パパにとって「お金がかかるけどいい女」になることができますよ!

クリスマスに30万円以上のプレゼントをもらうテクニック

パパに30万円以上のプレゼントをもらうテクニックを紹介していきます。

クリスマス前だけでなく、日頃のデートからこの5つのことに気をつけるのがおねだり成功のかぎ。

それでは1つずつ説明して行くので、次のデートから実践してみてくださいね。

日頃から「高級品が好き・憧れがある」ことをアピールしておく

パパに対して日頃から「高級なブランドが好き、憧れがある」ということを伝えておきましょう。

クリスマスの時期にパパが悩むのは「何が好きなのかわからず、プレゼントがうまく選べない」ということです。

常日頃から好きなブランドを伝えておけば、パパがプレゼント選ぶに迷うこともなくなります。

また高級嗜好な女性であるというイメージを植え付けることで、安いものはプレゼントされなくなるというメリットも。

街を歩いている時に好きなブランドのお店の前を通ったら「ここ良いよね〜!憧れなんだよ」などと、アピールしておきましょう。

ちょっとしたプレゼントにも大袈裟に喜ぶ姿を見せる

日頃からパパがちょっとしたギフトをくれた時は大袈裟に喜んで見せましょう。

仮に千円のハンカチでも「わあ〜!ハンカチすっごい助かる!」など、大喜びするんです。

反応が大きいと「プレゼントしがいがあるな」と男性に思ってもらえ、プレゼントをあげること自体がパパの喜びになります。

「もっと高いものをあげたらもっと喜んでもらえるだろう」と思わせれば、クリスマスにはさらに高いものをもらえるもしれません。

パパの誕生日・バレンタインに少しだけ予算より高いプレゼントを送る

日頃からパパにプレゼントを渡すときは、少し高めのものを選んで送るようにしましょう。

返報性の心理と言って、人は自分にしてもらったことを相手に返さなければいけないと無意識に思う生き物です。

つまり少し高いプレゼントをもらったら、「クリスマスはこれより高いものをあげないと」とパパに思わせることができます。

欲しいものをストレートに伝えられる関係を築いておく

パパに欲しいものを聞かれた時に、遠慮なく「バーキン!」と言えるような関係作りも大切です。

常日頃からパパに誠実に接する、甘えるときは甘えて、感謝をしっかりするなど接し方も考えておきましょう。

あなたのわがままをある程度許容してくれるようになったら、高いプレゼントをおねだりしても関係に影響しないはず。

関係の主導権を取り、あなたのいうことをパパが聞く構図を作っておきましょう。

まとめ

今回はクリスマスプレゼントに30万円以上のプレゼントをもらえるテクニックを4つ紹介しました。

いきなりおねだりしても欲しいものはもらえません。

日常のなんでもないデートの時から、パパに対して「尽くしてあげたい」と思わせる女性になることが大事です。

そのためには今回紹介したテクニックを徹底して実践し、パパが自然と高いプレゼントをくれるように仕向けましょう。

このテクニックを使えば、お手当アップの交渉なども楽になります!

今年、そして来年のクリスマスのためにも、今から準備を始めましょう!