「こないだ顔合わせしたパパ、全然写真と違ったなあ」
「会ってみて違和感を感じるパパ、今後もデートするべき?」

結論から言うと、会ってみて直感で”あれ?”と思ったパパとは連絡先を交換しない方が良いでしょう。

理由は簡単で、あなたが感じた違和感は正しく、ちょっと変なパパが多いからです。

変わり者なだけなら良いですが、思わぬ地雷パパと出会ってしまっているかもしれません。

今回は顔合わせに写真と違うパパが来るパターンと対処法を紹介します。

この記事を読めば、変なパパに捕まってしまいストレスを感じることがなくなるでしょう!

フィーリングが合わないと感じたら連絡先交換は避けるべき

もしも実際に会ってみて違和感を感じたら、それ以上の関係は避けた方がよさそう。

アプリの出会いは顔が見えないため、リスク管理をより慎重に行う必要があるからです。

例えばメッセージの時点で「文章がおかしい、なんか変」と言うパパは地雷だったりします。

顔写真も同様で、実際に会ってみて「なんか顔つきが…」「喋り方が…」そんな時は直感を信じましょう。

パパ活アプリの出会いあるある!顔合わせで写真のイメージと違うパパが来るパターンと対処法

パパ活アプリで顔写真と全くイメージの違う男性がやってくることがありますよね。

どんな時に写真と実際の雰囲気が大きく違うのか、そしてその意図と対処法を解説します。

パパ活のリスクを避けるために頭に入れておいてくださいね。

他の人の写真を使っている

パパ活アプリの登録に別人の写真を使っている人もいます。

単純に見た目に自信がない、モテるために爽やかな写真を選んだと言う理由が多いです。

しかしアプリの時点で嘘を吐く男性は、今後もあなたに小さな嘘を重ねる可能性があります。

そもそも人を騙すことに罪悪感を感じない人だったり、都合の悪いことは誤魔化すタイプの人でしょう。

お手当の支払いが滞る、連絡が返って来なくなるなどのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

過剰に盛れた写真を使っている

パパ活アプリには過剰に盛れた写真を使い、イケメンパパを演出している可能性もあります。

お金は払えないけどセックスしたい、そのためにはイケメンじゃないと…と言うのが理由です。

金払いが悪く、ケチな人が多いので太パパになってくれる可能性は低め。

パパ活アプリを出会い形アプリ感覚で使っている男性が過剰に盛れた写真を使います。

職業はホストで宣材写真で登録している

プロフィール写真をよくみて、背景が真っ白だったり肌が異常に綺麗な場合も要注意。

パパ活アプリには一定数ホストが紛れ込んでいて、営業目的で登録していることがあります。

修正された写真を登録しているので、実物と見た目が違うのです。

会ってみて「あれ?」と思ったら、アプリのプロフ写真をGoogleの画像検索してみてください。

ホストのプロフィールが出てくることがあります。

彼がホストの場合は口がうまいので、そのまま営業をかけられていつの間にか店に通わされるパターンもあるので注意しましょう。

まとめ

今回はパパ活アプリでよくある、実際のパパとプロフィール写真の印象が違う場合の対処法を紹介しました。

女性も加工アプリで自分をよく見せることはよくありますが、男性はあまり使いません。

ヤリモクや嘘つき、営業目的で登録しているホストの場があるので注意しましょう。

あなたがちょっとでも違和感を感じたら、連絡先交換や次のデートの約束はしないこと。

アプリの出会いは顔が見えません、実際に会ってみて初めてフィーリングを確かめることができます。

安全にパパ活をするには、いつも以上に警戒心を持って男性と会うことが大事です。

この記事の内容を頭に入れておいて、リスクなく楽しくデートをしましょう!