「食事パパが超クチャラー…気になって会話に集中できない…」
「クチャラー治してって言いたいけど、ストレートに伝えて良い?」

結論から言うと、クチャラーを治すには本人に自覚がないと無理。そして多くのクチャラーは全く無自覚です。

指摘をして逆ギレ、トラブルになることもあるので、指摘はオススメしません。

クチャラーのパパと当たってしまった時は、スルーが一番です。

今回はクチャラーのパパをスルーする方法を4つご紹介します。

なるべく不快な思いをせずに、クチャラーパパとの食事を楽しむ方法を解説するので、ぜひ実践してみてください!

クチャラーの人は自覚がない!

咀嚼音をクチャクチャさせる人、一緒に食事をしていてとっても不愉快ですよね。

しかしクチャラー本人は普通に食べているつもりで、音をさせている自覚はありません。

口を開けて食べていたり、物を口に詰め込みすぎなのが原因と言われていますが、本人は毎日のことだから気づかないんです。

指摘をしたら逆ギレされた、「いや、音させてないけど!?」と怒られたという体験談も多数。

本人が自覚するまでは、クチャラーは治らない、治せないと思ったほうが良いでしょう。

パパがクチャラーな時の対処法!指摘せずにスルーするには?

クチャラーの人と食事を楽しむには、気にしないのが一番。

とはいえ音を意識したら、ずっと咀嚼音が耳に入ってきて「キイー!!」ってなってしまいますよね。

そこでスルーするための極意をご紹介しますので、食事デートの時に試してみてください。

音に意識を向けない

一番大切なのは、音に意識を向けないことです。

少しでも「クチャクチャ」を気にしたら、その後は咀嚼音地獄。

まずは「パパ=クチャラー」と言う概念を忘れましょう。

頭に音が入ってきたら、脳内で「あ、このステーキ美味しい」「レストランの雰囲気が素敵」など、別の考え事をしてください。

音から意識を反らす、これが1番の解決策です。

お店のBGMに耳を傾ける

音に対抗するには別の音を利用するのが一番です。

店にBGMがかかっている場合は、その音楽に耳を澄ませましょう。

レストランならクラシックなどが薄くかかっていると思うので、全力で聴いてみてください。

集中すればクチャクチャ音よりも、音楽の方が耳に入ってくるようになります。

おしゃべりをして自分の声で誤魔化す

無言で食べているとどうしても咀嚼音が気になると思うので、おしゃべりで誤魔化しましょう。

パパに「これ美味しいね!」「このレストランすごい良いね!」などと話しかけ、自分の声でクチャクチャをかき消すのです。

あまり会話が弾まない場合は、鼻歌を歌うのもアリ。

パパの咀嚼音を自分の声で誤魔化しましょう。

ワイヤレスイヤホンで小さく音楽をかけておく

お店にBGMがかかっていない、どうしても咀嚼音が不快ならワイヤレスイヤホンを使いましょう。

髪を下ろしておけば、イヤホンをつけているのもバレません。

片耳のBluetoothイヤホンをつけて、小さめの音量で好きな音楽をかけてみてください。

一点注意したいのが、イヤホンの音量が大きすぎると会話が聞こえなくなること。

パパのことをうっかり無視しないようにしてくださいね。

咀嚼音が気になってきたら、音楽に集中して意識を逸らすことができます。

まとめ

今回は不愉快だけど我慢しなければならない、クチャラーパパとのデートの対処法を紹介しました。

相手にも悪気がないので、とにかく気にしないのが一番!

とはいえ音は耳に入ってきてしまうので、他の音で意識を紛らわせることに集中しましょう。

今回記事で紹介した方法を使って行けば、今より不快度が下がってくるはず。

他の音で誤魔化す、意識を逸らすと言うことに集中して、なるべく快適にデートを楽しみましょう!