P活パパがP活をするパパ活女子を選ぶ際、最初に注目する事になるのはパパ活女子のプロフィール写真となっています。

太パパの方から声をかけてもらいたいという場合、このプロフィール写真をいかにパパ好みに仕上げていくかはとても重要だといえるでしょう。

そこで、今回はP活用のプロフィール写真や自撮り写真をパパ受けの良い方向に自然に可愛く盛る方法を4つ紹介していきます。

P活パパに“盛り”がバレない自然で可愛い自撮りの仕方

その1 瞳ウルウル加工でナチュラルなのに華やかに!

目を変えるだけで印象が大きく変わるというのは加工や盛りをしている女性なら常識レベルの知識だと言えますが、盛った写真だとバレずに自然に目元を可愛く華やかにしたいという場合、目の大きさは変えずに瞳の中に小さな星のハイライトを入れるなど瞳のウルウル加工だけをしていくのがオススメです。

ノーメイクにカラコンを入れるだけでも一気に顔の印象が変わるように、目の大きさを変えなくとも瞳の中に少し光を入れるだけで表情のトーンや華やかさはかなり大きく変わってきます。

加工で目の中にハイライトを入れることが出来ない女性は自撮りの際は必ずフラッシュやライトをONにするようにし、目の中にキラキラとした光が入るようにして顔の写真を撮るようにしていきましょう。

その2 ホクロはそのまま美肌加工!

シミやそばかすひとつない美肌ほどパパ受けの良いものはありませんが、P活パパに詐欺写だと思われない自然な加工をしたい場合、ホクロ・しみ・そばかす・小さいニキビといったちょっとした肌のコンプレックスを1つだけ残した状態で美肌加工をしていくのをオススメします。

太パパはパパ活女子からたくさんのお誘いを受けている事がほとんどなので、ホクロやシミひとつないつるんとした陶器肌に加工をしてしまうと加工疑惑を持たれて他の女性に目を移してしまうことも多いです。

あえて1つだけ肌のコンプレックスを残した状態のプロフィール写真を作り、加工していない感を演出して可愛く盛っていきましょう。

その3 腰回りに腕を添えて細見せ!

パパ活プロフィールでは顔の分かる写真と一緒にスタイルの分かる写真を載せると太パパからのオファー率がグンとアップするようになっています。

しかし、ぽっちゃりしているなどで自分のスタイルに自信のないパパ活女子は身体が写る自撮りをする時は腰回りに腕や手を必ず添えるようにし、ウエストを細く見せる細見せポーズをしていくようにしていきましょう。

この際、身体を軽くひねって正面よりもやや斜めくらいのアングルから撮るようにするとより身体を細く見せることが出来ますよ♡

その4 足は必ずクロスして!

足の長さはスタイルの良さの表れであり、スカートスタイルがほぼ必須のパパ活女子の場合は脚長見せが急務である事が多いです。

そこでオススメしたいのが両足をXの字のようにクロスした状態で写真を撮るクロスポーズで、立ち姿であっても座り姿であってもこのポーズで写真に写ると加工なしでも自分の足をすらっと長く見せることが可能となります。

より足の形を綺麗に見せたい場合は7~10㎝のヒールを履き、その状態で足をX状にクロスさせて写真を撮ってみて下さい。

セルフタイマー機能などを使い、やや下から煽るような構図で自撮りを撮るとより足が長く大人っぽい写真を撮る事が出来ますよ!

“良い女”には自信が必須!

P活用プロフィール写真やP活パパに送る自撮り写真を自然に可愛く盛る方法を4つ紹介していきました。

太パパとのP活において、ルックスは絶対条件ではありませんが写真の中の自分を綺麗に見せる方法を知っていれば自分に自信をもってパパの元へ向かう事が可能となります。

P活ではこの“自信”があるかないかで高いお手当を貰えるかどうかが変わってくる事も多いので、少しでも自分を良い女に見せる方法を知って上手にパパを転がせるパパ活女子を目指してみて下さいね♡