初対面の男性や男上司、男友達から「パパ活やってそう(笑)」と言われた事のある女性は意外と多いです。

本当にP活をしているパパ活女子もしていない女性も男性からこういった事言われたらカチンと来てしまうものですが、実はこういったことを言われる女性には共通点があるというのはご存知ですか?

今回は男性から「パパ活してそう(笑)」と言われやすい女性の特徴を4つ紹介していきます。

男性が「パパ活してそう(笑)」と笑う女性の特徴とは?

その1 清楚系で可愛い、ついでにモテそう

P活のことを良く知らない男性は、パパ活女子に対して
・キャバ嬢みたいに派手じゃないけど可愛い子
・おじさんから貢がれている
・楽に男性からお金を貰えるモテ子
というイメージを持っています。

なので、男性が女性に対して「君ってパパ活してそうだよね(笑)」という場合、その男性は間違いなく相手女性の見た目を“可愛い・モテそう”と思っているのです。

残念ながらこういったことを言う男性は『目の前の女性はP活に対してどんなイメージを持っているのか?』という事を考える想像力がありませんので、“可愛い”“若い”“モテそう”といった感想から心の中に浮かんだイメージをそのまま口に出してしまうようになっています。

その2 (年上男性の場合のみ)自分のタイプの女性である

女性と違い、男性は自分の『この人はこうだったらいいな』という願望を女性に向けて言いがちです。

ですから、男性は相手女性に対して『この子がパパ活をしている女性だったらいいのに…』と思った場合、その望みが現実になることを望んで「君ってパパ活してそうだよね(笑)」と口にするようになっています。

基本的に、オジサン世代の男性を普通の女性が相手にすることはありません。
しかし、パパ活女子なら喜んでそういったおじさんの相手をしてくれます。

お金を払ってでも相手にして欲しいくらいタイプの女性がもしもパパ活女子であれば簡単にデートの口実を取り付けることが出来ますので、女性の扱いが全くできない年上男性はその可能性を夢見て女性に「パパ活してそう(笑)」という言葉をかけるのです。

その3 嫌な事を言われてもニコニコ笑って許してしまう

女性と違い、男性は褒め言葉やただの感想として「パパ活してそう(笑)」という言葉をかけることは多いです。

しかし、P活は未だに偏見の目に晒されている活動なので、パパ活女子に対してマイナスなイメージを持っている男性も数多く存在しています。
そういった偏見を持つ男性達にとって、パパ活女子は性にだらしなくお金に汚い女性の象徴です。

こういった偏見を持った上であえて女性に対して「パパ活女子っぽい(笑)」というのは相手女性を傷つけて楽しみたいという意図があり、その手段として性的嫌がらせを含む言葉での攻撃を選んだというものがあります。

簡単に言うと『こいつならセクハラをしても大丈夫!』という悪い意味での安心感を持たれているという訳ですね。

男性に舐められやすく、嫌な事を言われても空気を読み過ぎて笑顔を作ってしまう“抱え込み”タイプの女性は清楚系の服を着ていれば「パパ活やってそう!」と言われ、華やかな見た目をしていれば「キャバ嬢っぽい!」と言われるようになっています。

男性から「パパ活してそう(笑)」と言われないようにする方法は?

女性は悪口として女性にパパ活疑惑をかけますが、男性の場合は
・褒め言葉として
・思った事をそのまま口に出しただけ
・楽しいコミュニケーションのつもり
・いやがらせ
など様々な理由で女性に「パパ活してそう(笑)」と言ってきます。

男性からこういった言葉を言われたくないという場合、そういった事を言ってきそうな男性よりも上の立場の男性と仲良くしておくのが一番手っ取り早い被害防止法だといえるでしょう。

もちろん自分自身がその男性よりも社会的・精神的に上の立場に立つのも確実な方法だと言えます。

実は本物のP活上級者は普段の生活でもすぐに高い立場にいるハイスぺ年上男性と打ち解けることが出来るので、こういった被害に遭うことはほとんどありません。

女性に失言をしてしまうタイプの男性は自分より上の立場の男女には何も言う事が出来ないので、それを踏まえて対策を練ってみるのもいいですね。