P活をしているパパ活女子の中にはパパとの大人の関係を“アリ”としており、そういった事も含めてパパと交渉をしている女性もいると思います。

しかし、そういった大人OKのパパ活女子の中には大人アリのパパ活女子ならばやっておかなければならないことをやっておらず、後になって大損をしてしまうパパ活女子も多いです。

後々になって後悔するパパ活女子が出てくるのを防ぐため、今回は大人の関係をOKしているパパ活女子がしなければならないことを4つ紹介していきます。

大人アリのパパ活女子が気をつけるべき注意点4つ

その1 相場をしっかり調べておく

大人の関係をアリとしており、P活パパとホテルへ行く事があるパパ活女子は必ず最新の相場をチェックするようにしておきましょう。

激安風俗よりも安い価格で女性とエッチする事を狙うドケチパパは大人の関係をアリにいているパパ活女子しか狙わないので、大人アリでP活をしているとどうしてもこの手のパパと遭遇しやすくなってしまいます。

それとは逆に相場を知らず高すぎる金額をおねだりしてしまうと欲張りな女性として敬遠されてしまったり、高額なお小遣いを後払いで提案してヤリ逃げをする詐欺パパに狙われる可能性が高まりますからこちらも避けなければなりません。

大人の関係アリのP活をするなら常に相場~相場より少し上を提案できる知識を蓄えておきましょう。

その2 ピルは必須

大人の関係アリのP活をするなら避妊の有無を確認するのは当然ですが、それでもピルは必ず飲むようにして下さい。

デートクラブなどパパの意識が高い所でP活をしているのなら別ですが、P活アプリやSNSなどセキュリティ対策が甘い所でP活をするパパの中には自分の快感優先で女性を騙し討ちしてくる事があります。

ヤリモク男性向けのノウハウサイトなどでも女性を騙して生でセックスをする方法を紹介していたりしますので、そういったサイトのやり方を真似て避妊しているフリをしながらコンドームを外してエッチをしてくる詐欺パパがいるかもしれません。

コンドームの避妊率は100%ではありませんし、約束通り避妊をしてくれるパパばかりでもありませんから女性側も対策をしておくと安全度が激増します。

その3 本名・住所は教えない

これは大人の関係なしのP活をしているパパ活女子にも言えるのですが、P活を始める時は
・P活アプリやデートクラブに載せるプロフィール
・太パパから「本当はどうなの?」と聞かれた時に答える用のプロフィール
の2つを絶対に用意しておくようにして下さい。

大人の関係アリのパパ活女子はそうでないパパ活女子よりもパパからガチ恋されやすく、その分ストーカーや身バレの危険がどうしても高くなってしまいます。

また、P活パパが既婚者だった場合愛人だと勘違いされて修羅場になる事もありますので、そういった時すぐに安全が確保できるよう自分の身元は徹底して隠すようにしていきましょう。

その4 “特別”を強調する

P活パパとホテルに行った時はパパになってくれた人とホテルに行くのは初めてであるように振る舞い、“特別感”を強調する事をオススメします。

P活パパがパパ活女子に求めているのはキャバ嬢や風俗嬢にはない“スレてない感”となっていますので、手慣れた様子でお風呂に入ったりパパにサービスをしてしまったりするとそういった女性と同じレベルの質を求められてしまいます。

数をこなして経験を積んでいるプロの女性と普通の女性とでは技術や経験が段違いなので、同じ土俵で比べられるとどうしても風俗嬢に軍配が上がってしまいがちです。

差別化を図るため、初々しさは絶対に忘れないようにしていきましょう。

後悔しない大人のP活をするためには…。

大人の関係をOKしているパパ活女子向けのP活注意点を4つ紹介していきました。

こういった注意事項は本来パパが教えてあげるものなのですが、最近はこういったP活の常識をわざと教えず、自分の都合の良いようにパパ活女子を動かそうとする悪い男性が増えてきています。

悪いパパに騙されて損をしないためにもP活知識はしっかり身につけておき、安全なP活が出来るパパ活女子になれるよう準備をしておきましょう!