「気温が下がって肌がカサカサ…寒さで痛い…」
「マスクしてから肌荒れがひどい!」

1月は特にスキンケアを丁寧に行う必要があります。

肌の綺麗さは女性にとってアピールポイントの1つであり、美意識の高いパパ活女性はそれだけモテるからです。

そこで今回は1月におすすめのスキンケアテクニックをご紹介します。

ぜひ今日から、スキンケアのルーティンに加えてみてくださいね。

1月は寒さ・乾燥がピークに!肌にとっては最も過酷な月

12月と比べると1月は気温が平均2度ほど下がり、寒さと乾燥がピークに。

室内と外気温の差が大きいため、肌に刺激が伝わりやすくて一番肌荒れが起こりやすいんです。

1月は特に新年度の始まりということもあり、疲れやストレスで肌に影響が出やすい時期でもあります。

乾燥対策や肌を温めることで、肌の揺らぎを抑えて安定したコンディションを保てますよ。

肌荒れを感じている人は、いつもより2ステップくらいは手をかけて肌をお手入れしましょう。

1月におすすめのスキンケアテクニック

具体的にどんな肌のお手入れをすれば良いのか、3つのテクニックご紹介します。

乾燥と寒暖差対策を重視したスキンケアで、美肌を手に入れましょう!

それでは1つずつ説明していきます。

朝のスキンケアにもオイルやクリームを取り入れる

ナイトクリームだけでなく、朝の洗顔後にもオイルやクリームを取り入れましょう。

脂性、肌がベタつくと感じている人もいると思いますが、案外皮脂の過剰分泌は乾燥が原因です。

化粧水にオイルを1滴混ぜる、クリームで乳液の後に蓋をすることで水分の蒸発を抑えましょう。

肌がしっかりと潤った状態になればバリア効果が働き、寒暖差により刺激にも強くなります。

まだキメや肌のハリもアップするので、毛穴が目立たず化粧崩れしづらくなる効果もありますよ。

夜だけでなく、朝も保湿対策をしっかり行いましょう。

入浴時にマッサージを行い血行を促進

冬は気温の低下で新陳代謝が落ち、また肌が冷えるので血行が悪くなります。

血液が肌の細部まで行き渡らないため、栄養も行き渡りませんし肌荒れが起こりやすいです。

入浴時にオイルやクリームを使って、肌を温めるように優しくマッサージしましょう。

肌に血液が行き渡ることで、保湿効果だけでなく新陳代謝促進。

ターンオーバーを高めてくれるので、古い角質が落ちて綺麗な肌を手に入れることができます。

目元・口元は専用のクリームを導入

乾燥で一番影響を受けやすい目元や口元は、専用のクリームを使って保湿しましょう。

例えばアイクリーム、口元の乾燥には美容液やシワ改善のクリームがおすすめ。

特に20代後半になると、肌の乾燥によって小皺ができたりしやすくなります。

しっかり保湿することで目元や口元にできやすいシワを予防して、常に若々しくいることができますよ。

まだ持っていない方は、目元・口元専用のケアを導入してみてくださいね。

美顔器を使ってみる

化粧水や美容液を使うときに、スチーム式の美顔器を使うのもおすすめです。

細かなスチームが保湿成分が肌に浸透するお手伝いをしてくれます。

短時間でも効果的に保湿できるので、肌が劇的に綺麗になりますよ。

安い型落ち品で2万円程度しますが、パパにおねだりしてみてはどうでしょうか?

まとめ

今回は1月におすすめのスキンケア方法についてお話ししました。

気温も乾燥もピークの1月は、肌にとってかなり厳しい時期です。

パパの前で肌荒れして化粧ノリ最悪…と言う事態を防ぐためにも、保湿や血行促進のマッサージを取り入れてみてください。

毎日丁寧にお手入れするだけで、お肌の調子は劇的に変わってきます。

1月に肌のコンディションを整えておくことで、花粉が飛び始める春も肌荒れに対抗できる強い肌を手に入れられますよ!