「パパと昼間のデートが増えてきた…メイクも変えるべき?」
「こないだ日光の下で自分を見たら超けばかった!パパもケバいって思ってないかなあ?」

比較的店内が薄暗いディナーデートと違い、ランチデートってメイクは薄めで良いんです。

常日頃から夜にパパと会うことが多い方は、ついつい化粧が濃くなりがち。

そこで今回は明るい昼間の食事パパ活デートで映えるメイクのポイントを紹介します。

このメイク方を実践すれば、日光の下でこそあなたを最高に美しく見せるお化粧ができるでしょう!

明るい昼間の食事パパ活デートで映えるメイクのポイント

夜のデートと昼間のデートは光源が違うので、少し化粧の方法や色合いを変えるべきです。

今から5つの昼間用メイクのポイントを紹介するので、ランチデートの時に試してみてください。

自然光の方が女性は美しく見えるので、よりパパを魅了することができますよ。

自然光の下でお化粧をするようにする

太陽が出ている時間帯に化粧をして、自然光の下での見え方をチェックしましょう。

薄暗い店内では少し濃いめのメイクが生えますが、自然光の下ではケバく見えるからです。

まずはどの程度の濃さが太陽の下でちょうど良いのか、昼間に窓を開けてメイクしてみてください。

ちょうど良いメイクの加減を学ぶことで、パパの前でも綺麗なお化粧ができるようになります。

思っているより薄めでOK

ランチデートの時は思っているよりも薄い化粧をするのが正解です。

太陽光は女性の肌や髪色を明るく、透明感を出す効果があるので、厚塗りするとその効果が薄れてしまいます。

またファンデーションのヨレや浮きが目立ちやすいので、基本的に薄づきを意識しましょう。

カバー力のある下地を使えば、ファンデーションなしでパウダーを重ねるだけでも良いと思います。

アイシャドーなども「自分では薄いかも」と思うくらいで、十分に綺麗に見えますよ。

透明感の出るラベンダーを使う

自然光が演出する透明感を高めるために、下地やシャドーにラベンダー色を使ってみましょう。

ラベンダー色は肌の透明感を高めて、赤みを消してくれる効果があります。

またハイライト効果もあるので、顔の陰影をはっきりさせてくれるでしょう。

下地を変えるだけで肌がトーンアップして、最低限のファンデの量でも肌が綺麗に見えますよ。

太陽の光で煌めくパール感のあるシャドーを使う

ディナーデートではラメを使う人が多いと思いますが、ランチデートではパールがおすすめ。

ラメでは太陽光を反射しすぎて、ギラギラしている印象を与えるからです。

反対にパール感なら目元に艶を出し、太陽の光を浴びてさりげなくキラキラした目を作ってくれます。

目元に光を与えることで白目が綺麗に見える効果もありますよ。

リップメイクは色薄め+ツヤ重視

唇は薄めのコーラルやピンク系がおすすめ、艶をプラスするためにグロスを塗ると良いでしょう。

太陽光は全ての色をはっきりと見せるため、濃い色を使うと必要以上にケバい印象を与えます。

薄めのリップの方が、全体的に透明感が出て太陽光の下では綺麗です。

ツヤ感のある唇はパパウケが非常に良いので、ティントを使う場合も艶が出るタイプのものを選びましょう。

まとめ

今回はお昼のデートにぴったりな、太陽光の下でこそ映えるメイクをご紹介しました。

照明が明るく自然光の下で綺麗に見せるには、透明感を重視することが大事。

男の人から人気のある芸能人って、みんな透明感のある清楚系の女性ですよね。

ラベンダー色を取り入れたり、シャドーの種類を変えるだけでも一気に透き通った質感の肌や目元を演出できます。

厚塗りは見破られるので避けて、陽の光を浴びて輝くメイクをしてパパを驚かせましょう!