「私は足が太いから交際クラブの宣材写真を撮影するのが憂鬱…」
「足を出さないとウケが悪いって聞いたけど…足を出したらオファーがなくなっちゃうかも…」

体のコンプレックスを写真で目の当たりにするのは抵抗がありますし、何より交際クラブの男性たちに受け入れてもらえるか心配ですよね。

しかし撮影スタジオのカメラマンさんはプロなので、あなたが美しく見える角度を見極めて指示をくれます!

ですが自分でも写りがよく見えるコツを知っておけば、さらにオファーが回ってくる素敵な写真を撮影できるでしょう。

今回は交際クラブの宣材写真の写りが劇的によくなるポイントを5つ開設するので、体型にコンプレックスがある方はぜひ読んでみてくださいね。

交際クラブの宣材写真の写りが劇的に良くなるポイント

交際クラブの宣材写真の写りが劇的に変わるポージングや服装選びのポイントをご紹介します。

角度や服装1つで写真写りが全く変わるんです!

それでは1つずつ紹介していきます。

補正下着をつけてスタイルアップしておく

まず撮影当日は補正下着を着用して、腰のくびれやお尻をスタイルアップしましょう。

タイト目の服で撮影しようとしている方は特に必須です。

補正下着の効果は凄まじく、腰がくびれて見えてお尻が上がるだけで足が長く見える効果もあります。

ワコールなどで売られている補正下着を1枚持っておくと、写真撮影の出来栄えが違いますよ。

濃いめのベージュのストッキングを選ぶ

撮影当日はストッキングを着用すると思いますが、色は濃いめのベージュを選びましょう。

白の強いベージュだと膨張色なので、かえって足が太く見えてしまうからです。

濃いめの色であってもスタジオの照明で色飛びするので不自然に見えません。

濃い目の色の方が足を引き締めて細く見える効果があるので、ストッキングの色選びにも拘りましょう。

服の色は引き締まって見えやすいブルー系がおすすめ

撮影当日の服の色は、引き締まって見えやすいブルー系がおすすめです。

黒が一番細く見えるのですが、交際クラブの宣材写真では禁止だったりしますし、顔色が悪く見えるのでおすすめしません。

ネイビーや青などの色なら、明るくて色合いも良くて体が引き締まって見えます。

ピンクや黄色、白などは膨張色なので太って見えるので避けた方が良いでしょう。

写真を撮る時に腕を少し浮かせて撮影する

写真を撮影する時は、腕を体にくっつけないように浮かせてポーズをとりましょう。

カメラマンさんから指示がなければ両手を前に組んで少しだけ腕を浮かせる、腰に手を当ててみてください。

腕が体につくと、肉が押しつぶされて余計に腕が太くなってしまいます。

撮影の際は腕に力を少し入れて浮かせるようにすると、腕がほっそりして見えますよ。

撮影の時は斜めに構えて片足を前に出してポーズする

足の太さが気になっている人におすすめのポーズは、カメラに向かって斜めに構えることです。

斜めに構えることで正面を向いて立つより横幅が細く見えますので、痩せてうつることが出来ます。

さらに足を片方だけ前に出すことで足が重なって見えるので、足が細く見えるんです。

斜めから写れば細く見える!これは宣材写真の鉄則なので覚えておいてくださいね。

まとめ

今回は足が太い・腕が太いとコンプレックスを持っている方のために、交際クラブの宣材写真撮影のコツを紹介しました。

当日補正下着を使うことでボンキュッボンのスタイルに変身できますので1枚は持っておきましょう。

写真撮影のポーズの時はコンプレックスの腕を浮かせたり、足をクロスすることで細く見せることが出来ます。

全体的に細く見せたい方は斜めに構えてポージングしましょう。

交際クラブにおいて宣材写真はあなたの顔!コンプレックスをうまく隠して素敵な写真を撮ってくださいね!