「パパ活のアカウントを作りたいんだけど、パパにバレないか心配…」
「そもそも稼いでいるパパ活女子さんってTwitterで呟いたりするのかなぁ?」

実はモテるパパ活女性は、SNSをやっていても投稿内容に気を配っているんです。

原則はパパ活をしていると公言したり、パパとのデートの様子を投稿するのはNG。

今回はモテるパパ活女性が絶対にしないSNSの投稿例をご紹介するので、SNSをやる場合の参考にしてみてくださいね。

モテるパパ活女性はSNSでパパ活関連の投稿はしない

原則パパ活関連のことはTwitterやInstagramで呟かない方が良いでしょう。

パパにアカウントが見つかってしまい、身バレや個人情報の特定に繋がる可能性があります。

またパパ活女性はSNS上での詐欺のターゲットにされやすく、風俗スカウトやホストからDMが来るなどのリスクも。

基本的に本当に稼いでいるパパ活女性は、SNSで「パパ活しています」と公言することはありません。

公言するとしても身バレの内容に顔出しをしないなどの対策をしています。

モテるパパ活女性は絶対にしないSNSの投稿例

パパ活に成功している女性たちはSNSの投稿の内容に気を遣っていて、以下のような投稿はしません。

あくまでもプライベートで行ったおしゃれなお店や美容品を紹介するだけで、パパについては語らないのです。

それでは詳しく例を紹介するので、SNSをやろうとしている方はチェックしてくださいね。

パパにもらったお手当を見せびらかす

モテるパパ活女性は、パパにもらったお金を撮影して写真をアップするようなことはしません。

万が一パパに見られたら嫌な気分になるでしょうし、お金を見せびらかすのは下品だと思っているからです。

またお金を持っていると認知されることで、ホストの勧誘や詐欺被害に遭うリスクもあります。

お金持ちアピールは、モテるパパ活女性が絶対にしない投稿です。

もらったプレゼントや行ったレストランをタグ付けして写真を投稿する

パパとのデートでもらったプレゼントをアップしたり、レストランの食事写真をアップしたりもしません。

周囲の人にバレると「あの子パパ活やってるんだって」と噂のネタになると分かっているからです。

女性の嫉妬は凄まじく、あなたが良い暮らしをしていることを妬ましく思って有る事無い事吹聴する人もいます。

なるべく周囲バレを防ぎ、妬みを買わないためにもパパから貰ったものや行ったお店はアップしないようにしましょう。

パパの悪口をTwitterで書く

Twitterなどで裏垢を作り、パパの悪口をスクショ付きで晒すのもNGです。

本人が投稿を見れば「これ俺のLINEじゃん」と一目でわかり、あなたが陰で悪口を言っているのは丸わかりですよね。

パパの悪口を言うのは良いのですが、鍵垢で特定を避けられるようにぼかして書くべき。

不特定多数が見られる公開アカウントで人の悪口を言うのはリスクが多いのでしない方が良いでしょう。

まとめ

今回はモテるパパ活女性が絶対にしないSNSの投稿例を3つご紹介しました。

原則成功しているパパ活女性はプライベートとパパ活を切り分けていて、パパ活関連のことはSNSにアップしません。

側から見たら「女子力が高くて、お金持ちそうな人」に見えるようにアカウントを作っています。

パパ活関連の情報をアップすると、詐欺のターゲットにされることもあるので注意が必要。

どうしてもパパ活アカウントを作りたい方は、鍵垢にすること、特定される情報を載せないようにしましょう。

Twitterを見ると札束やパパのスクショを晒す女性が多いですが、パパ活で成功したいなら同じ土俵に立ってはいけません!

基本的に悪口は鍵垢で書くこと、インスタをやりたいならキラキラした日常や自分磨きの様子を投稿するようにしてくださいね。