「年末年始にご馳走を食べすぎて太った…」
「運動は苦手だし、最近外出も減ったから食事制限でなんとかしたい!」

お正月はおうちで過ごすことが多く、さらにおいしいものを食べてしまうので体重が増えてしまいますよね。

しかし1月のうちに手を打てば、お正月食べた分をリセットして脂肪に変わるのを阻止できます。

今回はパパ活女性におすすめのリセットご飯を5つご紹介!

無理なく体重を減らし、お正月に食べた分を消費しましょう。

正月で増えた体重を戻す!パパ活女性におすすめのリセットご飯

お正月に食べすぎて太ってしまった人は、今すぐ食事を切り替えることですんなりと痩せることができるでしょう。

体を作るのは食事、少し意識と食べ方を変えるだけで体が変わるのを実感できますよ!

それでは1つずつ説明していきます。

基本は和食がおすすめ

リセットご飯の基本は和食です。

和食はカロリーが低く、味付けが薄いので太りにくい料理といえます。

また野菜や魚など、良質な食物繊維とタンパク質を含む食材が多いので、健康にも良いでしょう。

簡単な煮物、おひたしなどスーパーで買えるお惣菜でも構わないので、和食を意識して食べるようにしてください。

ご飯をお粥に変えるだけでも効果あり

白米が大好きな方は、お昼のご飯をお粥に変えてみましょう。

作り方はとても簡単で、朝にお米とお湯を保温機能のあるスープポットなどに入れるだけ。

お昼に食べる頃には、保温機能のおかげで自動的にお粥ができていますよ。

お米の量が半分程度に減るので、カロリーも糖質も下げることができます。

また消化が良いので胃腸への負担も軽減し、お肌の調子もアップ。

お米をお粥に変えるだけでかなりの減量に成功した人もいるので、ぜひご馳走疲れのこの時期に試してみてくださいね。

オートミールのアレンジレシピもおすすめ

お米の代用として、オートミールを使うダイエットもおすすめです。

オートミールはグルテンフリーで血糖値が上がりづらく、ダイエットには最適な食材です。

食物繊維豊富なので便秘解消にもなりますよ。

オートミールと水をレンジでチンするだけで、お粥やリゾットのように食べられます。

夕飯は20時までに食べ、炭水化物を抜く

食事の仕方で気をつけたいのが夕食です。

朝と昼は仕事で動き回るため、しっかり食べてもOKですが夜は別。

これから寝るだけの時間なので、高カロリーなものを食べるのは控えた方が良いです。

脂っこいものなどを食べると胃腸に負担をかけて、体調を崩しやすくなります。

夕食は20時まで、無理な方は寝る3時間前には済ませるように意識しましょう。

そして夜は炭水化物を抜き、おかずや汁物だけにすると糖質制限が簡単にできます。

夕食を意識するだけで体重がガクッと減る人もいるので、食べ方や時間も意識してくださいね。

簡単自炊なら一人鍋

夕食に手軽に簡単なものを食べたい人は、一人鍋がおすすめです。

最近は一人鍋用のキューブも販売されているので、野菜やお肉をカットして入れるだけ!

しめのラーメンやうどんは我慢すべきですが、代用として春雨などを使うのはOKです。

野菜がたくさん取れる上に、汁気が多いので満腹になりやすくカロリーも低い最強のダイエットメニュー。

会社から帰って自炊する気力がないという人は、休日に鍋の具材をカットしてジップロックへ入れて冷凍しておきましょう。

食べるときはジップロックの中身を鍋に投入し、鍋キューブを入れて水を入れるだけと簡単ですよ。

まとめ

今回は正月太りを解消するためのリセットご飯を紹介しました。

和食中心の食生活にする、ご飯がやめられない人はお粥やオートミールを代用しましょう。

さらに夜は炭水化物を抜き、お鍋など体が温まり野菜が取れるメニューにすることで体をリセットできます。

パパを魅了し続けるためにもスタイルキープは大事です。

ぜひ今回のメニューを使って、正月太りを解消してくださいね!