「パパ活アプリの方が気軽に登録できるけど、デートクラブの方がやっぱり太パパが多いのかな?」
「アプリがきっかけで事件になったりするのかな?パパ活してみたいけど怖い…」

男性と二人きりで過ごすパパ活は安全性に不安がありますよね。

パパ活にまつわる被害としては、お手当を払わない詐欺・ドタキャン、そして最悪は性被害など色々なものが考えられます。

しかしパパ活で地雷に当たった女性は、パパ活アプリを使っていることが圧倒的に多いんです!

今回はパパ活アプリとデートクラブを安全面から見て比較し、デートクラブの方がおすすめな理由をご説明していきます。

パパ活アプリとデートクラブはどちらが安全?

パパ活アプリとデートクラブは、圧倒的にデートクラブの方が安全と言えるでしょう。

ネットでの出会いにはリスクがあり、アプリは本人確認こそあるものの、プロフィールでいくらでも嘘をつけてしまうからです。

気軽に登録できることもあり、最近は「パパ活女子を懲らしめてやる!」と謎の正義感を持った男性が入会していることも。

結果的に食い逃げやドタキャン、やり逃げ被害が増えているんですよね。

パパ活アプリよりもデートクラブが安全な理由

どうしてデートクラブでのパパ活の方が安全なのか、理由を詳しく説明していきます。

安全にパパ活をしたい方は、ぜひデートクラブを利用してパパ活を始めてみてくださいね。

審査や面接の有無

パパ活アプリは審査や面接がなく、誰でも身分証明書と利用料を払えば登録が可能です。

一方デートクラブは審査や面接があり、身分証明書の他に資産証明・所得証明の提出が必要になります。

また面接時にコンシェルジュさんが交際クラブに不適格と判断した場合は、資産があっても不合格になるんです。

パパ活アプリよりも厳しい基準があるため、男性の質も自然と高くなっていきます。

コンシェルジュさんの有無

パパ活アプリはマッチングからメッセージのやり取り、そして顔合わせまで全て自力で行う必要があります。

サポートを謳っているパパ活アプリもありますが、あくまで文面のやりとりなので深いアドバイスはもらえません。

デートクラブではコンシェルジュさんが女の子へのアドバイスもしているので、安全にパパ活する方法を直接教えてもらえます。

たとえば顔合わせは人目があるホテルラウンジを使うとアドバイスをしてくれたり、今後のデートでリスクを回避する方法もアドバイスしてくれるでしょう。

個人情報のやり取りの少なさ

パパ活アプリは顔合わせの前に連絡先を聞かれるケースも少なくありません。

しかしデートクラブはコンシェルジュさんが間に入るため、個人情報のやり取りは初デートまで不要。

顔合わせ後にフィーリングがあって初めて、相手と連絡先交換の流れです。

万が一変な人と連絡先を交換して、嫌がらせみたいなLINEが届くなんてことがありません。

会ってみるまで個人的にやりとりをする必要がなく、男性との接触が少ないことも安全性につながります。

まとめ

今回はパパ活アプリとデートクラブの安全性の違いについてお話ししました。

パパとの接触の機会の少なさや男性の審査の有無を比べると、デートクラブの方がきちんとした男性会員がいることが分かったと思います。

アプリにも良質な男性はいるんですが、インターネット経由の出会いなので本人確認に限度がありますよね。

質が高くて安全にパパ活をしたいと思うなら、アプリよりも登録ハードルが高いデートクラブを選ぶのがおすすめ。

顔合わせ前に個人情報のやりとりが不要で、自身の収入を偽って会おうとするような質の悪いパパはまずいません。

太パパと出会いたい、アプリじゃ中々出会いがないと思っている方は、思い切ってデートクラブを利用してみませんか?