梅雨の時期は天気が安定せず、晴れ予報だったのに急に雨が降り出すことがありますよね。

そんな時に役立つのが折り畳み傘、嵩張らずに鞄に入れることもできるし、いざという時に雨から身を守れます。

さらにパパに気が利く女性と思わせる効果もあるので、1つは鞄に入れて出かけましょう!

今回はパパ活女子にオススメしたい折り畳み傘のブランドをご紹介するので、おしゃれな折り畳み傘を選んで女子力をアピールしてください。

パパ活女子の梅雨の必需品は折り畳み傘!

急に雨が降ってきた時にさっと折り畳み傘を取り出してパパに渡してあげると気が利く女性と思ってもらえます。

鞄が大きめなら2つ用意しておく方が良いのですが、容量的に厳しければ1つでOK。

相合い傘は距離が縮まるのでパパとしても嬉しいですし、可愛い傘ならさらに女子力もアピールできる万能グッズなんです。

6月は大気が不安定で、雨が降ったり止んだり…急なゲリラ豪雨にも注意しないといけませんよね。

6月から8月くらいまでは、急な雨に備えて折り畳み傘を持っておきましょう。

パパ活女子にオススメしたい折り畳み傘のブランド

とはいえ折り畳み傘もせっかくなら可愛いものを持っておきたいですよね。

パパ活女子に相応しい、可愛い折り畳み傘のブランドを紹介するのでぜひHPなどで商品をチェックしてみてください。

marimekko(マリメッコ)

北欧らしい花柄がモチーフとなっているmarimekko(マリメッコ)の折り畳み傘は、8,000円程度で購入可能です。

定番のケシの花以外にもイチゴ・シンプルなロゴ、大人っぽいストライプなど柄も豊富ですよ。

ストラップ付きなので、使った後は手にかけて置ける便利さも良いですね。

公式サイトでよくセールが行われて、6,000円程度に値引きされるので要チェックですよ。

BURBERRY(バーバリー)

チェックの柄が印象的なバーバリーは、お嬢様ルックによく合う折り畳み傘です。

お値段は1〜2万円程度で少し高いですが、作りもしっかりしていて鞄に収まるコンパクトサイズが魅力。

普段バーバリーの服を着ることが多い人は、トータルコーディネートをするのも良いですね。

DiCesare Designs(ディチェザレデザイン)

他の人と被るのが嫌な人はディチェザレデザイン(DiCesare Designs)がオススメ!

カナダの彫刻家が創設したブランドで、折り畳み傘の形状が風車のようになっているなど個性的なんです。

お値段は18,000円と少し高めなので、パパにプレゼントしてもらっても良いかもしれませんね。

Maglia Francesco(マリアフランチェスコ)

超高級な折り畳み傘を持ちたい人はMaglia Francesco(マリアフランチェスコ)の折り畳み傘をパパに買ってもらいましょう。

1854年に創設されたイタリアの高級傘ブランドで、熟練の職人が1つ1つ作っているのが魅力。

ハンドメイドのため2つと同じ作品がないと言われている、究極の折り畳み傘です。

まとめ

今回は天候が変わりやすい梅雨から夏にかけても必須アイテム折り畳み傘についてご紹介しました。

鞄に1つ入れておくだけでパパに気が利くと思われて、また持っている折り畳み傘によって女子力もアピールできる優れもの。

ブランド品の傘を買うのは勇気がいるかもしれませんが、高い傘は長く使えるので長い目で見れば安いかもしれませんよ。

もちろん自分で買う必要はありませんので、この記事で紹介した中で気になるブランドがあったら次のデートでパパと折り畳み傘を見に行ってみてください。

憂鬱な梅雨ですが可愛い折り畳み傘を持てば、雨の日のパパ活デートも楽しくなりますよ!