「顔合わせまではスムーズなのに、デートの後が続かない…」
「相手から音信不通になってそのまま終わり…なんで?」

せっかくパパが見つかっても、長期的に安定したペースで会えないとお手当も安定しません。

実はそれ、連絡の仕方が問題でパパの気持ちを繋ぎ止めることができていないのかも。

普段のLINEやメールのやり方を少し変えるだけで、パパとの関係が一気に円滑になってお手当アップした方もいるんです!

そこで今回はパパ活成功者が実践しているパパ活の連絡ポイントとテクニックをご紹介します。

ちょっと意識するだけであなたが毎月稼げるお手当の金額が変わってくるでしょう。

パパを虜にさせる連絡ポイントやテクニック

パパへの連絡の頻度や内容、意識して送っていますか?

デート中の振る舞いや見た目はもちろん大事ですが、会っていない間にパパの気持ちを高めることはとっても大事。

極端な例ですが、80キロの巨体でお世辞にも美人とはいえない女性が、メールで男性を虜にして数億円貢がせたという事例もあるんです。

具体的に何が必要なのかを紹介するので、ぜひ今日から試してみましょう!

連絡の頻度は相手に合わせる

まずメールやLINEの頻度は相手に合わせることを徹底してください。

マメな人にはすぐに返信をする、相手が返信が遅いなら同じくらい間を開けてあげましょう。

前者はどちらかというとせっかちで、返信が遅い=自分に好意がないと判断します。

後者のタイプの男性は、即返信されるとプレッシャーを感じて嫌になるからです。

メールの返信頻度を相手に合わせてあげることで、男性があなたとの連絡ペースを心地よく感じるようになります。

相手の生活時間帯に配慮して連絡する

男性の生活時間帯を大体把握して連絡するタイミングを考えましょう。

あなたも自分が寝ていたり忙しい時にLINEがぴこぴこなるとイライラしませんか?男性も同じことを感じるからです。

会社員の男性なら通勤時間帯、お昼休み、終業後が狙い目。

また既婚男性の場合は家にいる時間帯や休日は連絡をしても迷惑になります。

相手がLINEやメールを確認しやすく、迷惑にならないタイミングを考えましょう。

感謝の気持ちを伝えたお礼メールを送る

デートの後には、心を込めて感謝のメールを送りましょう。

タイミングはパパが帰宅するまでになるべく早く、内容はデートの感想と今日感動したことを具体的に書いてください。

感謝されると男性は「もっと喜ばせてあげよう」という気持ちが働き、あなたに尽くしてくれるようになります。

内容が毎回同じになってしまう人は、その日のデートでこころが動いたポイントを1つ見つけて褒めましょう。

男性は「すごいね〜」と褒められても、「え?どこが?」と感じてしまうそう。

逆に「今日は〇〇さんが言っていた〜という言葉に感動しました。やっぱり尊敬できる人だと感じました」など細かく書くと喜びます。

お手当をくれて優しくしてくれるパパに感謝を伝えることで、「良い子だな」と好感を上げて次も会いたいと思ってもらえるでしょう。

まとめ

今回は成功しているパパ活女性が実践している連絡のポイントやテクニックを紹介しました。

LINEやメールの基本は「相手を不快にさせない、迷惑にならない」ということ。

言葉遣いはもちろん、連絡するタイミングや頻度も相手に気を使うようにしましょう。

またデート終わりにお礼のメールを送ることはとても大切なので、忘れないようにしてくださいね。

ただお礼を伝えるだけでなく、デートで感銘を受けたことを個別具体的に書くと男性をより喜ばせることができます。

会っていない間も巧みな連絡で、パパの気持ちを盛り上げて引き寄せておきましょう!