「顔合わせでパパ候補の男性と切れることが多い…なんで後に続かないんだろう?」

実は顔合わせの印象が、あなたのイメージの8割を決めると言われています。

人には固定概念があり、最初に「この人はこういう人だ」と思うとそれを変えるのが難しいんです。

つまり顔合わせで「この子は良い子だな」と思ってもらえれば、その後少し失敗しても「でも良い子だしな」と思ってもらえるということ。

パパ活に成功している女性は、圧倒的に顔合わせでの振る舞いが上手なんです。

今回は成功しているパパ活女性がみんなやっている顔合わせの振る舞い方をご紹介。

この記事を読めば、顔合わせでパパ活が終わってしまうことはもうなくなりますよ。

顔合わせで与える印象でその後の交際の8割が決まる

どうして顔合わせに成功しなければいけなのか、その理由を説明します。

自分に置き換えて欲しいのですが、何か物事を始めるときに最初に障害があると「あ、これはダメかも」「不吉な予感」と思ってしまいませんか?

パパ活の顔合わせもそれと同じで、最初が肝心です。

なるべくパパに最初に良い印象を与えることで、パパ活デートの成功が決まると言っても良いでしょう。

人は初対面の印象で相手のイメージを決めてしまう

人間は初めて会った相手の印象を見た目と話した感じで判断します。

そしてそのときに抱いた相手への印象を、自分の中で真実と思ってしまうんです。

最初のデートで「良い子」と思ってもらえれば良いですが、初回で「嫌だなあ」と思わせたら、あなたが2度目のデートでどんなに親切に振舞っても挽回しづらくなります。

初対面のイメージは非常に大事、パパ活では顔合わせで良い印象を与えることが重要なんです。

顔合わせに成功すれば2度目のデートにも繋がりやすい

顔合わせはいわゆる会社の面接のようなものなので、気に入ってもらえれば交際につながります。

パパたちの多くは「自分がお金を払うのだから、選ぶ権利がある」と思っています。

ちょっと上から目線ですが、ここは仕方がないんです。

そのため振る舞いの細かい部分までチェックされていて、お手当を払う価値があるか見極められていると自覚しておきましょう。

太パパをGETしているパパ活女性はみんな”1回のデートでは物足りないと感じさせる”のが上手

お金持ちの男性をゲットしているパパ活女性たちは、1回のデートで相手を満足させません。

良い意味で「ちょっと物足りないから、また会いたいな」と思わせるという意味です。

具体的には顔合わせを長引かせずに、1〜2時間くらいで切り上げること。

ここで長話をしてパパの会話欲を満たしてしまうと、男性が満足してしまうからです。

パパがもっと話したいな〜というくらいで「あ、今日はこれくらいにしておきましょうか」と伝えて解散します。

すると男性は「あれ?もっと話したかったのに」と思い、次に会える機会を楽しみにするんです。

もちろん即ホテルへ行くなんてもってのほか、なるべく引っ張ったほうが良いですよ。

男性は基本的にハンター気質で、自分の欲望が簡単には満たされない方が燃えるもの。

初回のデートで男性を100%満たさない、もっと欲しいと思わせるように振る舞いましょう。

まとめ

今回はパパ活の顔合わせで与える印象で、今後の交際の成功率が決まるということをお伝えしました。

初対面の印象は人に対してのイメージを決定する重要なもの、特にパパ活の顔合わせは入社面接みたいなものです。

男性にうまく気に入ってもらえれば、その後のデート相手として選んでもらうことができます。

もちろん条件交渉で妥協をする必要はありませんが、相手に良い印象を与えるようにしましょう。

その上で男性を満足させきらず、すぐに手に入らない良い女を演じてください。

この記事で紹介したことを意識すれば、顔合わせで男性にとって「次も会いたい」女性になれるでしょう!