「新年の抱負…そういえばまだ考えてなかったなあ…」
「今年は何しよう…なんか思いつかないなあ…」

年が明けてすぐはなんだか新鮮な気持ちがするし、やる気が出ているものです。

しかし正月休みが終わって仕事や学校が始まると、日常に帰ってしまって新年の新たな気持ちを忘れてしまいがち。

それは人として当然なんですが、パパ活女性としてパパに伝える用の抱負は用意しておきましょう!

新年の目標は、年明け最初のデートで聞かれやすい質問No.1だからです!

今回はどんな抱負を伝えればパパに印象が良いのか、それを説明していきます。

回答次第でパパの印象アップ、そして応援してもらえればお手当アップも見込めますよ!

どうして抱負の答え方が重要なのか?

パパ活デートで抱負を聞かれた時に、どうして適当に答えてはいけないのでしょうか?

それはあなたのためです。

パパはあなたを応援するという名目でお手当を渡しているんですから、新年にやる気のない態度を見せると「なんだかお金を渡しがいがないな」と感じてしまいます。

目標や抱負を明確に決めて、パパにプレゼンすることで「あ、今年もやる気に満ち溢れていて良いな」と思ってもらえるんです。

パパがあなたを「今年も応援しよう」と思えば、お手当アップすら期待できるんですよ。

パパ活男性に「2021年の抱負は?」と聞かれた時に答える正解回答

それでは具体的に2021年の抱負を聞かれた時の正解の回答を紹介します。

基本的にはパパ活を始めた際に伝えた目標や理由と相違しないようにしてください。

矛盾が生じると、頭の良いパパなら「あれ?なんか目的変わってない?」と突っ込んでくる可能性があります。

パパが素直に応援してくれるような抱負を伝えましょう!

昨年の振り返りを添えて話すと印象アップ

抱負を伝えるときは目標だけでなく、昨年の反省点や振り返りを付け加えると良いでしょう。

単に夢を語るだけでは説得力が足りないからです。

例えば「昨年は〇〇が達成できなかったから、今年は必ず実現する。プラスして、2021年は新しく英語を勉強したいと思うの」など具体的に伝えましょう。

きちんと振り返りができている事がわかれば、パパも熱意を感じてよりあなたを応援してくれるはずです。

今年は夢のために〇〇の資格を取る

具体的な抱負の内容として、資格を取るというのもおすすめです。

例えばあなたが自分の会社を起こすという目標があったとしたら、会計を学ぶなど。

大きな目標に対してスモールゴールを設定し、着実に夢に向かって努力している姿勢を見せましょう。

昨日の自分よりも良い人間になる

特にパパに大きな目標を伝えていない場合は、向上心をアピールするようにしましょう。

「毎日より良い人間になる」「今年は読書をして、より語彙力を高める」などキャラに合わせて小さなことでも良いですよ。

そのほか「会社で昇進する」など、あなたの職業に関することでもOK。

大事なのは、毎日努力をし続けるひたむきなイメージを与えることですよ。

まとめ

今回はパパ活の初デートでパパに「新年の抱負は?」と聞かれた時の答え方について説明しました。

抱負をしっかり考えて伝えることで、パパからより応援される魅力的なパパ活女性になれます。

目標に向かって努力をしている女性は、同性はもちろん異性からも魅力的なものです。

夢の内容によっては「それはお金がかかるから、もうちょっとお手当をアップしてあげよう」と思ってもらえる可能性もありますよ!

抱負が思いつかない人は、パパが応援したくなる女性をイメージしてそこから決めていくと良いでしょう。

2021年の抱負を聞かれたら、この記事を参考にしてどんな目標を答えるか考えておいてくださいね!