「パパと美術展に行くことになった!初めてだけど、どう振舞えば良いのかな?」
「何かNGな服装やマナーってある?パパに恥をかかせないために覚えておきたい」

実は美術展や美術館に行くのは気軽なようですが、実は覚えておくべきマナーがあるのをご存知ですか?

知らずにデートに出かけると、パパに恥をかかせてしまう可能性があります。

でもこの記事を読めば、美術展デートでの振る舞いはバッチリ!

知らなかったマナーだけでなく、パパと美術展を楽しむポイントもお伝えしますよ!

パパ活デートで美術展に行く時に押さえておくべきマナーやポイント

パパ活デートで美術展へ行くときに押さえておくべきマナーやポイントを5つご紹介します。

単にパパの趣味に付き合って、ブラブラみて歩けば良いわけではありません!

どんなデートの時も気を抜かず、完璧な振る舞いをしてこそ愛されパパ活女子!

それでは1つずつルールを説明します。

音のなるハイヒール・つばの大きな帽子は避ける

美術展に行くときのコーディネートで気をつけたいのが、ヒールのある靴やつばのある大きな帽子を避けることです。

ヒールのある靴はコツコツ音がなってしまい、静かに鑑賞したい人の邪魔をしてしまいます。

またつばのある帽子は展示品を傷つけたり、倒して落としてしまう可能性があるからです。

周囲の人や展示物に気を遣った服装でデートに出かけましょう。

鑑賞中に大声で感想を話さない

感動する作品があったらついつい感想をシェアしたくなりますが、鑑賞中は控えた方が良いでしょう。

お話をするときは小さな声で、これは美術展の他のお客様の迷惑にならないためです。

大声で話すと非常識ですし、注意を受けてしまいパパに恥をかかせることにもなりかねません。

感想などは鑑賞後に二人でカフェで話すようにしましょう。

写真撮影したい時は看板をチェックしてから

美術展などで写真を撮りたいときは、かならず撮影可能かどうか確認してからにしましょう。

特に国宝などは写真撮影が禁止だったり、基本的に撮影OKでも一部だけカメラNGという展示もあります。

何かにつけて写真撮影をするのは非常識なので、必ず注意書きを読んでから行ってくださいね。

パパから目の届く範囲で自由に鑑賞する

美術展を見て回る時はパパとはぐれない範囲で、自由に鑑賞しましょう。

あまりにパパと同じペースで歩くとお互いに気を使ってしまい、存分に作品を堪能できないからです。

またあなたがあまり興味がなさそうだとパパも「楽しくないのかな?」を気を使うので、仮に面白くなくても興味のあるフリは必須。

パパから目の届く範囲で自由に展示物を楽しみましょう。

事前に展示品の作者などについて勉強しておく

美術展に行く前に、展示品の作者などについて勉強しておきましょう。

基礎知識があると展示品の鑑賞がより楽しくなりますし、パパと感想を話し合うときに知識があると「おっ」と思わせることができます。

例え見にいく展示物に興味がなくても、事前に予習をしておけば案外楽しめるものです。

他のパパ活女子との差をつけるためにも、事前に予習してから美術展に遊びに行きましょう。

まとめ

今回は美術展デートに行くときのマナーや礼儀を紹介しました。

靴はフラットシューズで大きなつばのある帽子は控える、大声で話したり無闇に撮影しないなど基本ルールは必ず覚えておきましょう。

鑑賞中は楽しそうに、パパの目の届く範囲で自由に見て周り、後から感想をパパとシェアするととっても盛り上がりますよ。

事前に予習をしていくことで、パパも「連れてきてよかったな」と思い、あなたへの好感度も上がるでしょう。

美術展デートに誘われたら、この記事の内容を思い出して実践してみてくださいね!