今回、本サイト「デートウォーカー」の読者T様より「パパ活体験談」というテーマで寄稿を頂きましたのでご紹介いたします!
プチ整形や整形費用を稼ぐためにパパ活を考えているパパ活女子の方はぜひ参考にしてみて下さい!
(2018年3月23日追記)

キッカケは彼氏の浮気

私は関東に住む23歳の事務員です。
私が全身整形を決意したのは私の20歳の誕生日の日。
よりによって誕生日当日に彼氏の浮気が発覚し、理由を問い詰めたところ
「すっぴんがブスで萎えた。A菜(浮気相手の名前です)は化粧なくても可愛いだろ?」
とひどい言葉をかけられたのがキッカケです。
確かに私は当時アイプチやヘアメイクなどを駆使して一重まぶたや少しぽっちゃり気味の顔をカバーしていましたが、それは全て面食い気味の彼氏に好かれる努力であり、そんな私を彼氏は「可愛い」と言ってくれていました。
しかし、彼は新入社員として入って来たゆるふわ系の女の子に一目ぼれ…確かに浮気相手のA菜はナチュラルメイクなのに可愛らしく、顔立ち自体が美人の女の子にはかなわないのだと悟りました。
そこで整形をして自分を変えることを決めたのですが、ハタチになったばかりの私には整形のためのお金がなく、どうにかして整形費用を稼ぐ必要がありました。

そこで知ったのが“パパ活”という言葉。

整形の為に借金や風俗も考えていた私にとってネットで見つけたこの言葉は衝撃であり、「デートだけでお金をくれる人なんているの…?」と半信半疑ながら一番評判の良かったデートクラブに入会した事を覚えています。

1 初めてのパパは元整形外科のおじいちゃん

デートクラブ入会後、初めて私とデートしてくれたのは元整形外科医のおじいちゃんでした。
ネットで調べたパパ受けの良い服を着て運営の方に指定された場所へ向かったところ、ハットやサングラスでビシッと決めた父親より年上の男性がいてかなり驚いた記憶があります。
後々聞いたのですが、この方は私と同じくデートクラブの利用が初めてだったらしく、若い女性に嫌われない格好をしようとしてかなり気合を入れてしまっていたそうです。
この方は初デートで交通費とお礼と言って2万円をくれ、初めて同士の縁ということでその後もパパ活卒業まで長くお付き合いを続けていました。

2 初整形は初パパ活の次の日

初めてのパパ活で2万円を貰った私はまずこのお金で目のプチ整形をし、一重だった目を二重まぶたに変えました。
術後すぐはまぶたが腫れてかなり不安になりましたが、1週間もしないうちに腫れは引き、自然な二重になったのでとても嬉しかった覚えがあります。
アイプチいらずの目になった私はすぐに小顔の整形も決めました。
顔はメイク込みで十人並みなのですが自撮りを工夫すればするほど連絡が増え、小顔のプチ整形と鼻を高くするヒアルロン酸注射の費用はすぐに稼ぐことが出来ました。

3 プチ整形が終わったらすぐ写真を撮りなおした方が良い!

プチ整形で自然な二重と小顔、通った鼻筋をゲットした私はまずデートクラブのスタッフさんに連絡し、プロフィール画像の取り直しをお願いしました。
そうするとやはり見た目が良くなっただけあって男性会員からの連絡が増え、整形費用が集まる速さが加速度的に上がりました。
この時私はバイトをやめてパパ活だけで暮らしていましたが、プチ整形後はデートクラブから連絡がない時はほとんどありませんでした。そのため、お金や食事に苦労することはほとんどありませんでした。
月1~2回会う継続パパに私の整形を明かしたのは一番初めのおじいちゃん先生だけであり、他のパパは全身整形が終盤に差し掛かった頃に知り合っていたのもあってか、見破られる事はありませんでした(笑)

4 350万円の全身整形を1円も出さずに2年で成功!

私はその後二重まぶたを切開法で固定し、鼻も整形で再度形を整えバストアップや全身の脂肪吸引など2年と少しをかけて全身整形を成功させました。
これらの費用は全てパパ活で獲得したものであり、整形の為にローンやバイトを行ったことはありません。
今は化粧品会社の事務をしていますが他の社員の方には営業向けだと言われており、なぜ裏方に徹しているのか不思議に思われつつ生活しています。

おわりに

パパ活で全身整形を成功させた方の体験談でした。
整形のためのパパ活はプチ整形の後から一気に成功しており、整形費用もプチ整形後一気に集まっていたようですね。
効率の良い整形費用の稼ぎ方を探している女性は、ぜひ参考にしてみて下さい。