パパ活をやっている女性にとって、悩みの種の一つはズバリ「パパ活用の連絡手段の用意」でしょう。
docomo/au/doftbankなどの主要キャリアを契約すると、どうしても2年以上の契約の縛りがあったり、不要なオプションがついてしまったりと、デメリットが多いですよね。
だからといって、パパにメイン携帯のLINEやSMSをゼッタイに教えたくない!
なによりトラブルに巻き込まれないためにも、2台目の携帯電話をもってパパ活ライフを安全に充実させたいものですよね。
今回、デートウォーカーでは新特集として、パパ活女子におすすめの2台持ち携帯をお得に手に入れる方法を大公開いたします。

目次

パパ活用2台目携帯を手に入れるためのコツとは?

パパ活女子にとって必要な要素だけを絞り込んで、安く・手軽に・安全にを重視して、選び出していくことは重要でしょう。
何より…お金がかかる…。
解約手数料っていくら?高いの?
お店に出向かなきゃいけないの?
設定めんどくさい…
などなど、不安な部分もあるかもしれません。
でも安心してください!
お店に出向かなくても、ネットで買ったSIM×携帯電話セットなら、携帯を買ったその日から使えることもできます!
そして、パパ活女子にとって下記の前提で考えれば、お得に携帯が手に入るかもしれません。

  • デートクラブやパパ活サイトへの登録のために電話番号やLINE登録は必要
  • それ以外の用途では容量の大きいサイトや動画サイトなどは見ないし、家のWifiなどで代用が可能

そうなると、次の2つのいずれかの方法で手に入れるのが解決策です

  1. (設定に自信がある方は)格安SIMを使えるSIMフリーの携帯電話を手に入れて、格安SIMカードを購入し自分で設定
  2. (自信がない方は)格安SIMと携帯電話を一緒に購入して、その日から使えるようにする

①格安SIMを使える、SIMフリー携帯を買う方法

ではまず、格安SIMを使える「SIMフリー携帯」を手に入れる方法を考えてみましょう。
まずは電話番号を手に入れるためには、SIMフリーの携帯を手に入れねばなりません。
手に入れるには、大きく分けて次の3つの方法があります。

(1)友達・知人から、タダまたは安く中古携帯を譲ってもらう

この方法が一番手に入れやすいかもしれません。
機種変をしようとしている友達や知人からもらう、という方法です。
ただし、機種によっては、SIMフリーになっていなかったり、液晶が割れていて修理代がかかるなどのリスクもありますので、要注意です。
なにより購入後の動作保証や故障時の対応などが何もないため、もらい損ということも往々にしてあるます。
また、同じくメルカリやフリマアプリなどからSIMフリー携帯を購入するという方法もありますが、個人から購入すると同様のリスクもありますし、裏側が個人ではなくて業者の場合もありますので、通常の携帯ショップで購入するのと大差がない状況になるかもしれません。
保証がつかない、もらっていて間違っていた・使えなかったというのが一番のデメリットです。

(2)SIMフリー携帯ショップで購入する

次の方法は、ちゃんとした業者から購入するという方法です。
専門事業者からSIMフリーの携帯を購入するほうが、安全性やサポートもあり、何より保証期間が若干ではありますがつきます。
また、途中故障したり、なにか問題があった場合でも、保証期間内で条件があえば交換・修理も可能です。
性能を気にしなければ、一番安いもので、1万円を切るものも出品されていることがありますので、比較的安く携帯自体を手に入れることができるでしょう。
そこで、今回デートウォーカーでは下記の携帯ショップをおすすめしています。
中古品でも3週間以上は保証をしてくださるので、なにか困ったことがあっても安心でしょう。


携帯を格安で買うなら【ダイワンテレコム】

(3)格安SIMと一緒に新品購入してしまう

格安SIMを契約する際に、同時に格安のSIMフリー携帯を購入するという方法もあります。
この方法は、わざわざ携帯を先に用意するという手順をスキップしていきなりパパ活用の携帯を手に入れられますので、とても楽ではあります。
ただし、新品の携帯代は安くとも1~2万円はしますので、一括で払えない場合は月々の使用料で分割したとすると、1〜2年は縛りが発生することもありますので、注意が必要です。
格安SIMと一緒に携帯が買えるキャリアは、次の②格安SIMの選び方でもご紹介いたします。

SIMフリー携帯を手に入れたあとは、SIMカード手に入れてを差し込むだけ

つぎの②で携帯電話とセットでSIMカードを契約すると、セットアップはお店の方で全部やってくれることがほとんどなので手間がかからないのですが、仮に①の方法で自分で中古の携帯を手に入れた場合、SIMカードを自分で刺さなければなりません。
また、購入するSIMカードの大きさを事前に調べておかないと、SIMカードを契約してみて、間違っていた…使えない…ということもあるかと思います。(SIMカードには3種類程度の大きさがあり、携帯電話によって挿入できるサイズが異なることがあります。事前によくしらべておきましょう)
技術的に不安なことも多い…という方は、次の②の「携帯電話とセットで購入する」ほうが安心で、簡単かもしれません。

②パパ活用ケータイ(2台目)に格安SIMを契約する

毎月のスマホ代を安く運用できる格安SIM。
UQ,mineo,LINEモバイル…など、テレビCMでもかなり多くのSIMが広告されておりますが、実際にどれを選んでいいかわからない…なんてことも有るかと思います。
また、認知度の拡大とともに格安SIMの種類は非常に多くなりました。
まず、ここでは、格安SIMの料金を比較する前に選び方のポイントや前提知識をご紹介します。
格安SIMのチェックポイントは3つ。
「音声通話プラン・データ専用プラン」「月々の料金とデータ通信量(GB)」「通信速度」が重要になります。

格安SIMの選び方を知っておきましょう

パパ活にはやはり音声通話プランが必要かも…

まずは新しいSIMを選ぶときには「音声通話プラン」か「データ通信専用プラン」かを選択できます。
「電話が必要かどうか」だけのことなのですが、デートクラブやパパ活サイトで電話番号を求められることが有るかと思いますので、基本的には「音声通話プラン」があったほうがいいでしょう。
ただし、音声通話プランのデメリットとしては、キャリアによっては最低利用期間をつけられてしまうということもあります。
「データ専用通信プラン」のオプションとして「番号はほしいけど、通話はいらない=SMSだけでいい」という方法でも番号を持つことができるキャリアもありますので、そういったことで対策ができるでしょう

動画とかを見なければ、データ通信量プランは安くていい

「音声通話プラン」か「データ通信専用プラン」を選択したら、あとは「月々のデータ通信量」によって料金が決まります。
大手キャリアと同様、「1GB」や「5GB」といった通信量が設けられており、それに応じた月額料金が設定されています。
まずは「自分が月に何GB必要なのか?」ということを考えてみましょう。
大体の目安は下記のとおりです。
【1GB】
メールやサイトの閲覧が中心であれば、問題ないデータ容量ですが、動画などをみると足りなくなってきます。
【3GB】
格安SIMで主流となっている容量です。SNSやサイト閲覧、LINE通話(極端な長時間通話除く)などの用途であれば問題ない容量で、短時間であれば動画も見られます。
【5~6GB】
キャリアでも取り扱っているデータ容量のため、キャリアからの乗り換えに迷った時にちょうどいいプランです。テザリングも使いたいなど、データ容量に少し不安な人にも向いています。
【10GB以上】
動画や、アプリ、ゲームなどデータ通信を多様してもたっぷりつかえて安心です。
【使い放題】
月に使用するデータ容量を気にしたくない、それに伴い月額料金も気にしたくない人。毎月速度制限に引っかかってしまうという人も、LTEの高速通信が使い放題で利用することができます。

通信速度もあまり気にする必要はない?

似たようなプランが各社で複数あるかとおもいますが、「通信速度」で選ぶのも1つの方法かもしれません。
通信速度とは「つながりやすさ」であり、どれだけ快適にネットが使えるかという指標になります。
ただし、あまりパパ活女子にとっては、重要ではないかとおもいますので、2台目ケータイとしての使う目的を考えた上で会社を選んでみましょう。

デートウォーカー編集部がおすすめするパパ活用のSIMキャリア

改めて、パパ活女子にとって必要な要素を仮に設定した上で、デートウォーカーがおすすめするキャリアを選定していきます。
再度、下記の前提をベースに、格安SIMを手に入れる方法を考えましょう。

  • デートクラブやパパ活サイトへの登録のために電話番号やLINE登録は必要
  • それ以外の用途では容量の大きいサイトや動画サイトなどは見ないし、家のWifiなどで代用が可能

ということで、パパ活女子の皆さんの目線で、どのキャリアがおすすめかを考察したいと思います。

※本記事のおすすめはあくまでデートウォーカー編集部が2018年8月時点での各SIMキャリア・事業者のウェブサイトを比較した参考情報となります。SIMキャリアや事業者の規約変更により、記載の料金や条件・内容・解約条件などが大きく変更する可能性もありますので、最終的に選定する際にしっかりとご自身の責任で調査の上、ご判断ください。またデートウォーカー編集部はキャリア・事業者との選定・契約における一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。

U-mobileは解約手数料&契約期間の縛りが短くてお手軽

U-mobileはU-NEXTが提供する格安SIMです。

【U-mobileはこちら】


ここは何より音声通話の契約期間が最短6ヶ月かつ、6ヶ月以内の解約手数料が6,000円と解約したいときには多少有効なSIMキャリアでしょう。
最低料金は「通話付き+データ通信量3GB」で月額基本使用料1,580円となかなか良心的なお値段です。
そして、同時購入できる携帯電話(Every Phone EN)も9,980円と良心的な価格で、2台持ちの携帯としてはうってつけの条件です。

携帯電話付きで申し込むと、到着時にはセットアップが完了していますので、その日から使えてしまいますので、非常に便利ですね!
U-Mobileはこちらのリンクから飛ぶことができます。

(橋本環奈ちゃんかわいいですね…)

@モバイルくんはSIM契約のみがお得かも

リンクはこちら【格安SIMなら@モバイルくん。】
ソラシムが運営する@モバイルくんは、通話付きの月額基本料が1,200円と比較的安い提供価格となっております。(音声通話の場合、12ヶ月以内の解約で手数料発生となるようです)
ただし、提供されている携帯電話本体が、平均3万円前後と若干お財布には厳しい内容…
ただ、やはり通話付き月額利用料が他のキャリアより安いのは魅力的でしょう。
前述の①SIMフリー携帯を手に入れて、ご自身で設定ができるという方は、こちらのSIMを検討してはいかがでしょうか?
ひとつ注意すべきことは、契約時にSIMのサイズを間違えないことです。SIMのサイズを間違えると、せっかく購入したSIMフリー携帯にはいらない…ということもありえますので、事前に調査をしておきましょう!
【@モバイルくんのサイトはこちらから】

LIBMOはiPhoneのレンタルもできる!から機種代があまり気にならない

スマホ料金、安くするならLIBMO
詳しくはこちら

LIBMOは株式会社TOKAIコミュニケーションズが提供する格安SIMです。こちらのSIMキャリアが提供するメリットといえば、「iPhoneを貸与してくれる!」ということでしょう。(音声通話の場合、12ヶ月以内の解約で手数料発生)
データ容量をそこまで設けず、音声通話付きのSIMを契約し、iPhoneをレンタルした場合の月額の利用料は約1,900円程度とのこと。何より携帯電話を購入するという無駄な出費を抑えたい場合、月額費用は他社よりは数百円程度高くはなりますが、長い目で見れば出費は抑えられているかもしれません。
また、LIBMO自体の月額利用料がかなり安くなっているため、格安SIM単体で契約されたり、iPhone以外の新規端末を購入しても月額で見れば安くなります。(端末購入は24ヶ月の月賦販売になるため、注意が必要です)
手軽に早くiPhoneを2台目携帯として持ちたい方はいかがでしょうか?
【LIBMOのサイトはこちらから】

スマホ料金、安くするならLIBMO
詳しくはこちら

せっかくだったらキャッシュバック狙いも…

せっかく2台目の携帯を持つのであれば、キャンペーンをやっているSIMキャリアを狙うのも手かもしれません。

CMで人気のUQモバイルは最大13,000円のキャッシュバックあり

【UQmobile】はこちらから。キャンペーン実施中
深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんの三姉妹のCMをテレビで見かけた方は多いかとおもいます。
「うーっ、UQ!」で有名なUQモバイルですが、優良キャリアな上に現在登録をすると最大で13,000円のキャッシュバックが受けられるというお得な特典もついています。(※諸条件は必ずサイトをご覧の上、ご自身の判断でお申し込みください)
SIMだけを契約すると、一番最低のプランで2,138円からとなっています。
機種も同時に申し込むと、最安値のもので3万円前後となり、分割払いの場合24ヶ月割りとなりますので、ご注意ください。
キャッシュバックはとても魅力的なキャンペーンですので、長めに2台持ちの携帯電話を持っておきたい方などはUQモバイルはメリットがあるかもしれませんね。
【UQモバイルはこちらから】

最後に

いかがでしたでしょうか?
パパ活女子にとって、大きな悩みの種である「パパ活用ケータイの入手方法」についてお知らせいたしました。
法令遵守が厳しい現代にとって、気軽に携帯を手に入れることは難しい状況ではありますが、工夫さえすればそれなりに安く携帯電話を安心・安全に持てることがわかりました。
是非、2台目携帯を手に入れて、楽しいパパ活ライフを送ってください。
最後に改めて、デートウォーカー編集部おすすめのキャリアを掲載しておきますね。
SIMフリー携帯を買うなら【ダイワンテレコム】
トータルで安いSIM&携帯電話を手に入れたいなら【U-mobile】
SIMだけを契約するなら【@モバイルくん】が安いかも

iPhoneレンタルもできる格安SIMは【LIBMO】
最大¥13,000キャッシュバックキャンペーンもある【UQmobile】